森の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS いつの間にかチョウにも傾斜

<<   作成日時 : 2017/06/19 12:37   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

大沢コースの中間点から志文別線に入り、四季美コースの入り口の
ベンチで一休み。鳥の鳴き声も聞えずそこから今来た道を戻り
始めました。

途中、前から来た森のお仲間に「何も居ないし、これからチョウを
見つけに行って来ます」大沢口に戻ってから今度はふれあいコース
に入りました。

思えば、2014年7月5日に偶然にも羽の表がコバルトブルーの
チョウを観察した時でした「こんな美しいチョウがいるのか」と
それがオオミドリシジミでした。

そして、その年の7月30日にこれも偶然にたまたま撮ったチョウ
がアサギマダラだったのです。1000km以上南からやってきた
旅チョウだったのです。

それまではチョウを観察する行動はした事がありませんでした。
どちらも偶然でした。それが「チョウの観察も面白そうだ」そう
思うようになったのはその頃からでした。

ゼフィルスと言われるミドリシジミ族だけをとっても、活動時間は
「午前中」だけだったり「午後」だったり「夕方」だけだったり
それだけとっても野鳥より行動は複雑です。

メスアカミドリシジミの活動時間は午前・午後となつていますが
今日もまた姿を見せてはくれませんでした。まだ羽化していないの
か気温が低かったのか、チョウの生態も複雑ですね。

チョウにも傾斜した出来事。
2014年7月5日。オオミドリシジミ。
画像


画像


2014年7月30日。アサギマダラ。
画像


今日のふれあいコース。
ヒカゲチョウ。
画像


クロヒカゲでしょうか。
画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつの間にかチョウにも傾斜 森の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる