森の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS フクロウの教育のお話し

<<   作成日時 : 2017/06/05 12:38   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

最後に四季美コースを回ったのが5月12日でしたから、約3週間
ぶりに四季美コースに入りました。結局誰一人に会うことも無く
大沢園地に到着していました。

最後にエゾユズリハコースを歩いていたら、ウォーキングの3人組
がやってきました。「もうフクロウ居ないんだって」と聞かれたので
「人もフクロウも居なくなりましたね」と答えた後に

「でも本当にふくろうを観察出来るのはこれから何ですよ」と親の
教育の話を始めました。ヒナが巣立った後、親が最初にヒナに教育
するのは「エサ獲り」です。生きて行く為には一番大事な教育です。

まず親がネズミを確保して地面にそのネズミを落とし、ヒナに拾わ
せる。その教育から始めるのです。その地面とはネズミを落として
も判り易い遊歩道を利用します。笹ヤブに落としては見つかり
ませんからね。その訓練は夜中に行います。

ヒナたちはその訓練に疲れて道端の木で休む事になります。そして
朝を迎えるのです。遊歩道の直ぐ近くの木の上ですから、朝の散策
では労せず眼の前でヒナを観察する事が出来るという仕組みです。

「本当にふくろうを観察出来るのはこれから何ですよ」とお話した
のはそういう事だったのです。

エゾフクロウのヒナの過去の画像です。全て道端で観察。
6月27日。
画像


6月28日。
画像


6月20日。
画像


6月19日。
画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
師匠 ありがとうございます。 そうなんですか出張前に最後にヒナを見て出張から戻ってくるころはいないだろうなと思ってました。また森に入る楽しみができました。11日戻れたらいいなぁ
駆け廻り隊 ファン
2017/06/05 18:03
駆け廻り隊 ファンさん。
ファンとは恐縮です。コメントを
ありがとうございます。
実は、この教育の話も私の師匠から
教えて頂いた話です。
道端の木の枝を見ながら歩くのを
お勧めします。これからも
ブログのご支援をよろしく
お願いいたします。
原始林駆け廻り隊
2017/06/05 19:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
フクロウの教育のお話し 森の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる