森の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 寿命ははかなく

<<   作成日時 : 2017/08/06 14:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年にふれあいコースの沢のヤナギにミドリシジミが飛び
まわっているのを偶然観察したのが始まりで、それからミドリシジ
ミを追いかけるようになりました。

ミドリシジミの仲間をゼフィルスと呼ばれていることが判ったのも
それから間も無くでした。毎年同じ場所で産卵し同じ場所で成虫も
発生するので観察は楽です。

今年も7月11日に同じ場所で、オオミドリシジミとメスアカミド
リシジミを観察しています。最近の疑問はいつまでその場所でその
姿を見る事ができるのだろうか、という事でした。

ミドリシジミの寿命について調べていたら、以前のNHKの番組で
アイノミドリシジミの一生を取り上げていました。その解説では
オスの寿命は2週間でした。

少し乱暴ですが、他のミドリシジミもその寿命は似たり寄ったりと
すると7月11日に観察したオオミドリシジミもメスアカミドリシ
ジミもとっくにこの世にはいません。

今日も気になってその場所に行ってきました。するとボロボロに
なったオオミドリシジミが他のチョウを追い掛け回していました。
寿命と縄張り争いについては、もう少し探求が必要ですね。

ふれあいコースを入って間もない場所で鳥が群れていました。
何羽か撮ってみたものの、名前が判らない鳥ばかり。

背中が薄い黄色が見えますが・・・
画像


アオジのようなくちばしですが、体形がどうも・・・
画像


画像


顔はヤブサメのようですが、小翼羽が白っぽいのはムシクイ系
のような・・・
画像


ミドリシジミ。羽はボロボロです。
画像


画像


その後、かたらふの森へ。今日はトラフシジミがいました。
画像


画像


画像


ツユクサ。
画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寿命ははかなく 森の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる