諦めていたのに

ムギマキは、ロシア東部からオホーツク海沿岸、サハリン、アムール、中国北東部で繁殖し、
冬期は中国南部、東南アジア方面に渡り越冬する。
日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国各地を通過するが、数は少ない。
日本海側の島嶼(舳倉島、対馬等)では、比較的よく観察される。
『 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

北から東南アジアへ向かう途中に立ち寄った、と言うことですね。
9月22日に撮っていますが、また遭えるとは思っていませんでした。
ただ、今日、「何か違うよな」と思いながら撮っていました。
以前撮ったのは、横の羽と頭に白い部分があり間違いなくオスでした。
今日のは、その白い部分がありません。一応、メスと判定しましたが
北の繁殖地から来たわけですから、ヒナの可能性もあり、悩んでいます。

ご存知の方、お知恵を貸してください。

ムギマキ。一応メスの成鳥と判定しました、が。
画像


画像


画像


画像


画像


ムギマキ(オス) 9月22日撮影
画像


クサギ。おしゃれな種が出てきました。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック