巣立ちの季節

鳥達にとっても、この時期は一番大変な時期なのでしょうね。
タマゴを生み、抱卵・抱雛、給餌をしてヒナを育てて巣立ちを迎えます。
今日は、ふれあいコースから入り開拓の沢線のきびたきばし辺りで
地面から「チッ、チッ、チッ」の鳴き声が。良く見るとまだ自由に
飛べない沢山のヒナが地面を歩き回っていました。巣立ちをしてまだ
間もないようです。親にとっても、ヒナにとっても一番危険な時期。
巣立ちは命がけです。

明日は、森とブログはお休みします。


危険と隣り合わせ。何の鳥か判別できませんでした。
画像


オオアカゲラ。巣立ちの時期なのに、まだ穴を掘っていました。意味不明です。
画像


ニュウナイスズメ。こちらはもう少しで巣立ち。給餌の真っ最中。
画像


27日には親子5羽のエビフクロウを観察できました。今日、その場所から直線で
500m付近で母親をすぐ近くで発見。27日の母親と同じ固体か比較してみました。
結果は、別固体でした。
今日のエゾフクロウ(メス)
画像


27日のエゾフクロウ(メス)
画像


27日のエゾフクロウ(オス)
画像


スイレン。瑞穂の池で一休み。
画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック