説明は正確に(思い込みは禁物)

森のお仲間同士で花が咲いている場所を、教えられたり教えたりします。
教え方も人によって、それぞれ特徴がありますね。
教える側にも思い込みがあったり、それを聞いている方にも思い込みが
あったりする場合もあります。その思い込みがたまたま一致していれば、
無事花の現場までたどり着けますが、思い込みが一致していなければ、いくら
付近を捜しても見つかりません。ですから、説明する側は聞き手に思い込み
をさせない説明の仕方が大事になってきます。

つい先日、私が教える側でした。
「この道(××コース)を真っ直ぐ進むと、○○コースにぶつかります。
そこから××歩行って右側です」
私の説明を聞いてその方は歩き出しました。
しかし、その夜その方からメールが入って、『見つけられなかった』と書いて
ありました。あれだけ判りやすい説明をしたはずなにの何故だろうと思いました。

今日、その方と偶然駐車場で会いました。そして、聞いてみました。
するとその方は、××コースをまっすぐ進んで、○○コースに入って××歩
進んだところを探していたとのことでした。
私は××コースをそのまま進んでくれるものと思い込んでいました。
おそらくその方は、私の「○○コースにぶつかる」の説明を聞いて、○○コース
に入ると思い込んだようです。

次の赤字の部分を追加して説明してあげれば、無事辿りついたはずなのに。
「この道(××コース)を真っ直ぐ進むと、○○コースにぶつかります。
そこをそのまま××コースを進んで××歩行って右側です」
私の説明不足と言うか、思い込みと言うか、深く反省の一件でした。

エゾフクロウ。今日も仲良く。色んなポーズで歓迎?してくれました。
画像


画像


画像


画像


違う場所では。ヒナの配置に若干無理がありました。
画像


ワニグチソウ。
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック