思い通りにならないから

今日も森を歩き始める前に、ふれあい交流館の裏手の松林をチェツク。
松林ではありませんでしたが、すぐ横の高い木に鳥が止まっているのが
遠くからレンズを通して見えました。

ホオジロかカシラダカのようでした。ホオジロの過眼線が無かったように
見えたのでカシラダカだったのかも知れません。直ぐに飛んで行ってしまい
ました。

森のお仲間が松林でカメラを構えていました。エゾノスの朝食の場面でした。
私も参戦。それからはいつも通りエゾユズリハコースから回り始めました。
私はいつも通りであっても、森はいつも通りと言うことにはなりません。

昨日は、シマエナガに遭いたいと思っていたら、それがクマゲラになって
しまい、今日は、昨日のようにクマゲラの朝食風景に遭えたら、と思って
いたら、その場所はシマエナガに変わっていました。

森が私の思い通りになったら、こんなつまらない森はありません。
森はいたずらっぽく、あえて思い通りにならないように場面を作ってくれるので
毎日が楽しい森になっているのです。

久しぶりに目の前にシマエナガが。これも「たま~には、びっくりさせてやろう」
と言う森のいたずらだったのでしょうか。

シマエナガ。こちらの頭部は真っ白です。
画像


しかし、つがいと思われるこちらは頭部が黒ずんでいました。
やはり婚姻色?
画像


この場所は、ピンクのシマエナガのいたところ。くちばしの上下がビンクっぽく
見えるのですが・・・
画像


画像


エゾリス。これだけ目の前にエサがあれば食べ放題です。
画像


画像


食べ終わったら、またもう一つ。
画像


画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック