瑞穂連絡線にて

旅鳥に遭いたくて、今日もふれあいコースから回り始めました。
その旅鳥、今日もその姿はありませんでした。別れの言葉も聴けないまま
旅立ってしまったのでしょう。

記念塔広場のサクラも満開のピークを過ぎて、花びらが散り始めていました。
見上げてもメジロの姿はありません。

鳥に遭えないまま、瑞穂連絡線を瑞穂の池に向かっていました。
すると懐かしい、やさしい声が聞こえてきました。

冬に別れたまま、その人との恋は終わっていたはずでした。もう遭えることは
ないと思っていました。その人が突然私の目の前に、微笑み?ながら姿を現した
のです。

とっくに忘れていた恋なのに、この胸のときめきを押さえることはできません
でした。目の前にいながらも、手を伸ばしても、もう届かぬ恋。
あ~~、初老の恋とでも言うのでしょうか。

シマエナガ。すぐ近くのつぶらの瞳、でも微笑んではいませんかね~。
画像


画像


画像


画像


画像


初老の恋も、大勘違いでした。単に私の目の前で巣作りに大忙しだっただけでした。
画像


サンカヨウ。これを撮るために、今日は11km歩きました。咲いていてよかった~。
画像


画像


トイシノエンレイソウ。私は撮っただけ。、花の名前と場所は森のお仲間から
教えてもらいました。エンレイソウも色んな種類があることも判りました。
画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック