行かない事には始まらない

昨日の今日ですから、「モミジコースを歩いて、クマゲラに遭いに
行こうよ」と言う自分がいましたが、それを拒否して瑞穂の池から
草地を回るコースを選びました。

瑞穂の池にこだわる理由は特に有りませんでしたが、瑞穂の池で
タカブシギに遭ったのはこの時期ではないかと思っていました。
(後から調べたら、2010年9月1日でした)

偶然の出遭いでしたが、行かない事には偶然も始まりません。
そして、瑞穂の池に到着すると、いつもの常連さんと森のお仲間が
ジャンプ台にカメラを向けていました。

そ~~ッと近づいて行くと、ジャンプ台にカワセミがいるでは
ありませんか。しかし、私が近づいたその姿に驚いたのか、飛び
去ってしまいました。

申し訳ないことをしてしまいました。カワセミが居なくなって
しまった後に私は、「この時期にタカブシギが来ていたので、それ
を見たかったのですよね~」

すると常連さんが、「昨日の朝2羽で来ていたよ」と言ってその
写真を見せてくれました。なんとカワセミのジャンプ台に2羽
並んでいるではありませんか。

「昨日でしたか~」1日違いで残念でしたが、この後カワセミが
またやってきて、ワンマンショーを演じてくれたのです。
やはり、行かない事には偶然も始まりませんね~。

カワセミ。ワンマンショーを順を追って解説します。
飛び去った後まもなく、近くのジャンプ台に来て水の中の様子を
見ています。
画像


飛び込んで小魚をゲットして、少し離れたジャンプ台に戻って
きました。しかし小魚をしっかりくわえていなかったため。
画像


せっかくゲットした小魚を水の中に落としてしまいました。
落とした小魚を探しているのか。
画像


飛び込んで再度ゲット。今度はしっかりくちばしでくわえています。
画像


あ~あ~、こういう事をやるから落としてしまうんだ。
画像


今度はしっかり胃の中に収めました。
画像


少し場所を変えてまた狙い始めましたが。
画像


何を思ったのが歩いて場所を移動。狙っています。
画像


また何を思ったのか、飛んでいっていしまいました。
画像


ドングリ。去年は不作で熊も食糧難で大変でした。
今年は大丈夫でしょうか。
画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック