心の風景

まぁ、カメラの腕と言われればそれまでの事ですが、自分の目で
綺麗と思って撮った風景をカメラで収めて、画像にして見ると
ちっとも綺麗ではありません。

綺麗な紅葉と思って撮っても、綺麗な雪景色と思って撮っても
この目で見た美しい風景とは程遠くだいたいその画像はボツに
なってしまいます。

私はその事を単にカメラの腕だけでは無いような気がしています。
美しい風景を見たとき、目で見た風景だけでは無く、カメラでは
収める事の出来ない心で感じる風景が有るとすれば、

カメラでは表現出来ないと思うのです。画像からは心の景色は抜け
落ちているのです。その景色を美しいと感じるのか、感じないかは、
正に人それぞれと言うことになります。

私の目に白雪姫と7人の小人が映りだしたり、私の耳から竹内
まりやの曲が聞こえてきたり、そう感じたとすれば、それらも
あながち嘘では無いのかもしれません。

よくもまぁ~、長々と言い訳がましい事を・・・

シマエナガ。どっちがシマエナガ?とは言いませんが、周囲の
雪と同化しているようです。正に、「雪ん子」ですね。
画像


画像


画像


画像


画像


オオアカゲラ。
画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック