冗談が目の前に

大沢の池も干しあがる寸前まで枯れてしまって、水中の生き物たち
の存亡が危惧されています。それを知ってか水鳥たちは一斉に他の
場所に移動してしまったようです。

避難先は瑞穂の池ではないか、と冗談ぽく思っていました。だから
真面目に考えた訳では有りませんが、ふれあいコースから瑞穂の池を
目指すことにしたのです。

ふれあいコースに入ると静かだった森がまたセミの鳴き声でうるさい
森に変わっていました。エゾゼミのようです。エゾハルゼミより
高い鳴き声のようで鳴き声が耳に刺さってきます。

瑞穂の池に到着して、池の柵のほうまで進んで池の様子を見ると、
カワセミの飛んでいる姿か目に入ってきました。これ自体も偶然なの
に、そのカワセミがUターンして私の方に向かってきました。

そしていつものジャンプ台に着陸。この池の住人だったのか、大沢の
池からの避難者なのかは判りませんが、冗談ぽく思っていたことが
目の前に現実として現れてくれました。

カワセミは姿を現してくれても、せいぜい何十秒です。それが
目の前に現れたのが8時34分、姿を消したのが9時12分。
こんな事も有るのですね。

カワセミ。最初はジャンプ台の端にいましたが、だんだん近くに寄って
くれました。
画像


画像


やはりこれが目的でした。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


コエゾゼミ。エゾゼミと記述しましたが、コエゾゼミとのアドバイスの
コメントを頂ました。訂正をします。
画像



この記事へのコメント

sugar
2013年07月30日 20:40
いつもHP拝見させて頂いています。
写真はコエゾゼミですね。

エゾゼミとほとんど同じですが、首周りの黄色い線が切れているのがコエゾゼミ。切れていないのがエゾゼミ。
道北ではエゾゼミが主流、道央ではコエゾゼミが主流です。
って知ったかぶっていますが、いつも植物とか参考にさせて頂いております。
昨年の秋には某橋でお会いいたしました(笑)。
原始林駆け廻り隊
2013年07月30日 21:27
コメントをありがとう
ございます。
知識の浅い私にとっては
このようなアドバイスは
本当に助かります。
早速訂正をします。
これからもご指導をよろしく
お願いをいたします。

この記事へのトラックバック