吹雪の後の賑わいです

1月20日 吹雪で森は休みました。

吹雪で2日間足止めを食ってしまいました。雪も30cm以上は
積もったようです。「道は付いているのだろうか」そんな心配を
しながら、8時半大沢口に付きました。

道を確認するまでも無くかんじきを付けていました。瑞穂方面へ
行く中央線を覗いてみると、スキーの跡ではないしっかりとした
道が付いていました。

迷う事無く中央線を歩き出しました。かんじきも要らないくらいの
しっかりとした道でしたが、かんじきは付けたままです。カラ類
アカゲラ、ツグミが飛び回っていて賑やかです。

瑞穂連絡線を記念塔方面へ向かいました。そこでも鳥の賑わいが
ありました。カラ類の中から「ジュリジュリ」が聞えてきました。
シマエナガです。10羽以上いるようです。

カラ類はカラマツの実を、シマエナガは木の名前は判りませんが
冬芽をむさぼるように食べていて、いつもは警戒をして直ぐに
移動するのに、その場所から離れません。

吹雪の2日間、飲まず食わずだったのでしょう。腹を空かしている
ようです。吹雪で足止めを食ったのは、私だけでは有りません。
鳥たちも同じく足止めを食ったようです。

シマエナガ。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック