春の雨

3月10日 雨で森は休みました。

2月21日のブログで、「雪解けが早いという事は、春の暖かさが
前倒しになっているという事ですから、夏鳥の飛来も前倒しになる
のでは」と根拠の無い推論を展開しました。

今日、森を歩いていて、道端の水を飲んでいたのでしょうか、私の
足音に驚いて飛び立って松の中に消えた鳥がいました。間違いなく
黄色い鳥でした。

夏鳥の到来が早いかも知れない、と頭の片隅に有ったので、「キビ
タキにしても早すぎるよね」そう思いながらも松の中を探していて
もう少し上を見上げると、そこに居たのはマヒワの群れでした。

この森の留鳥の全部とは言いませんが、野鳥に詳しい方の研究では
雪解けが早いと、繁殖期も早くなる。そんなデータも有るようです
生き物たちのカレンダーも今年は前倒し?

マヒワの群れから暫らく歩くと、雨が降り出して来ました。松の木
を傘代わりに20分間足止め。雨が止んで歩き出すと、またの雨
今度も20分間の足止め。こちらも一足早い春の雨と言うことで
しょうか。

シマエナガ。婚姻色が無いので雌?。婚姻色に今もこだわって
います。昨日の撮影でした。
画像


画像


画像


画像


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック