辛いから楽しい

2ヶ月前に申し込んだオホーツクサイクリングも来週の金曜日の
早朝3時に我が家を出発し、ゴール地点の斜里町に向います。
途中、高速を使っても7時間以上かかります。

斜里町のゴール地点の会場でエントリーの手続きをして12時の
専用バスで雄武町に向います。自転車は専用貨物車で運んで貰い
ます。夕方に雄武町に到着し前夜祭が始まります。

そして翌日、開会式の後212km先の斜里町に向って走り出し
ます。その為の練習も最終段階です。いつもの練習は20kmを
ノンストップで走っています。

でも実際の大会では、約25kmを走った後休憩ポイントで約
15分休憩してまた25kmを走る、それを繰り返します。
従って、最後の練習は大会に近い形での練習となります。

先日、妻とサイクリングの話題になって、私は「辛いから楽しいん
だよ」それに対する妻からの反応はありません。辛さから開放され
ゴールを通過した時の満足感と喜びなんか私本人しか味わえま
せんからね。妻に言った私が間違いでした。

エゾフクロウ。ここに見えるのは幼鳥の3羽。
画像


上の2羽。
画像


隠れるようにもう1羽がいました。
画像


この時期はまで親の監視下です。
画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック