やっと調査が始まりました

クマゲラの大好きな場所に暫らく通いましたが、さっぱり姿を見せ
てくれません。2017年、2018年の2年間でエサを食べ尽く
したと見るのが正解なのかも知れません。

そこで最近は瑞穂連絡線をウロウロしています。昨日も瑞穂連絡線
から戻ってくると、森のお仲間との会話になりました。冬鳥が少な
い事にそのお仲間は

「ロシアの方が暖冬で冬鳥のエサもあり南へ(北海道)へ降りて
来ないらしいよ」その話を聞いて2人で「納得だよね」という事に
なりました。

そして今日も瑞穂連絡線をウロウロする事にしました。昨日の新雪
で道は消えていましたから、歩くスキーでも息が切れます。すると
4分音符が聞こえてきました。今年に入って始めての4分音符です。

果たしてクマゲラの雌がカラマツの中の幼虫を採取中でした。私が
最初に注目したのは羽の色です。黒髪です。茶髪では有りません
でした。エゾユズリハのは茶髪の女でした。

今日の瑞穂は黒髪の女です。別個体という事は、縄張りは別々と
いう事になります。このような調査を積み重ねで、段々と縄張り
が確定されていくのです。やっと調査が始まりました。

クマゲラ。雌。食事の調査は「虫採取」です。
画像


画像


画像


黒髪です。
画像


画像


こういう雪景色も良いですか。
画像


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック