ドラミングが聞こえてきました

3月24日 用事で森は休みました。

折角雪が解けて春の足音と思っていたのに今朝は大雪でした。
皆さんにとっては迷惑な雪となりましたが、歩くスキーの私に
とっては恵みの雪となりました。

9時を過ぎた辺りから少し明るくなってきたので、遠くには行け
ませんが「腹ごなしに近くを回ってくるか」と歩くスキーで森を
歩き始めました。

1kmほど進むと私を呼ぶ「呼び鳴き」が聞こえてきましたが
たったの1回の呼び鳴きでは探しようがありません。雪も強くなっ
てそろそろ戻ろうかと思った時です。

「コツコツ」が聞こえてきましたが、回りにはトドマツもカラマツ
も有りません。上を見上げるとクマゲラの姿です。激しい雪で
やっとと見える暗さです。

すると直ぐに隣の枯れた木に移り、そこからドラミングが始まり
ました。ドラミングの長さは正確に2秒です。ドラミングとドラミ
ングの間隔は1分30秒でした。

ドラミングの間隔はクマゲラの場合で40秒と聞いていましたが
それよりかなり長い間隔でした。アカゲラやオオアカゲラはその
間隔は短いので、ドラミングの長さの違いだけではなく

ドラミングの間隔の長さの違いでもアガゲラやオオアカゲラと
クマゲラの違いは判断できるのです。雌を呼んでいたようですが
雌は現われず、雄も飛んで行ってしまいました。

クマゲラ。雄。最初はこんな所に止まっていました。
画像


すぐ隣の枯れ木に移りました。最初からこの枯れ木が目的だった
のかも知れません。
画像


画像


画像


画像


画像


ドラミングの動画です。編集しているので、ドラミングの間隔は短く
なっています。下のURLをクリックしてください。

https://youtu.be/ZbpNpPpW9zA

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック