最後の仮説の調査

私のクマゲラ調査で最後の仮説として残っている、第5の縄張りの
存在を証明できるかどうか、調査期間も残り少なくなりました。
来年の調査にその仮説の課題を残しておいても良いかな

そんな事を考えながらも私の頭の中で描いている第5の縄張りに
向いました。もう少しで第5の縄張りに入るはずだ、と思った時
また呼び鳴きです。

随分遠くにその姿は有りました。撮影をするというより、最後に
どっちの方向に飛ぶだろうか、の方が興味が有りました。すると
第5の縄張りとは逆の方向に大きく飛んで行きました。

今居た雌は第5の縄張りと言うか別の縄張りの境界線近くまで
来て自分の縄張りの中心方向に飛んで行ったと推測されます。
縄張りの境界線を推測するのに、最後に大きく飛んで行った方向
も大事な調査の要素なのです。

講釈を述べてしまいましたが、肝心の第5の縄張りの確認は出来
ませんでした。激しい食痕も多くありこの辺りを中心に生活して
いる様子が伺われて一歩前進でした。

クマゲラ。別の縄張りの境界線近くまで来ていたのはこの雌。
遠くで画像もこの程度。
画像


画像


クマゲラを観察していたら眼の前をエゾタヌキが通りますかね。
画像


上空にはオオハクチョウでしょうか。今年は北帰行も早そうですね。
画像


第5の縄張りと思われるところに生活感も。
画像


昨日撮影のクマゲラの雄。昨日は森から帰って直ぐに用事で
出かけたためブログは休みましたが、クマゲラは居ました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック