2週間ぶりの森

江別市のホームページのクマ情報によると、25日7時45分頃に
登満別口付近でクマの目撃情報が有りました。森のお仲間の話では
「昭和の森のクリ」付近との事でした。

少し南へ移動をしてくれたので「今日は森に入って見るか」となり
ました。そうは言ってもその目撃場所から大沢口までは直線距離で
3kmですから決して安全地帯とは言えません。

周囲を見渡しながら中央線から歩き出しました。瑞穂連絡線を瑞穂
の池方面に向いましたが、あまり南へ進むのは止めようと途中から
引き返して今度は記念塔の方に進みました。

記念塔の広場からふれあいコースの沢に入りました。ミドリシジミ
が気になっていたからです。毎年飛び回っているヤナギの木を見上
げましたがミドリシジミの姿は有りませんでした。

帰ってから過去の観察を調べてみたら、2018年も2017年も
7月11日、2016年は7月7日、2015年は7月9日とほぼ
正確に7月10日前後に飛び始めていました。まだ早かった。

今日はクマに遭遇する事無く大沢口に戻ってきましたが、14日の
朝、四季美コースの大沢の池付近で目撃されその翌日の朝には埋蔵
文化財センター付近に出没しています。何処にでも出没するという
前提のもとの行動が必要です。

モズ。
画像


ホオジロ。森の周辺にはホオジロの姿は見た事がありません。
この草地が好きな理由は何なのでしょうか。
画像


キジバト。
画像


ヒメウラナミジャノメ。
画像


ヒメキマダラヒカゲに少し似ている気がしますが・・・
画像


桑の実。黒く熟してきましたので、鳥も集まってきます。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック