この不安、いつまで続くのでしょう

野幌森林公園のクマ情報は今朝の新聞に大きな見出しで載っていま
した。この森で最後に確認されたのは1941年で78年ぶりとの
事でした。という事は以前にもこの森に姿を見せていた事になり
ますね。

今日、森に入るかどうかは迷いませんでしたが、どのコースを回ろ
うかは迷いました。新聞によるとフンが確認されたのは旧森林の家
の駐車場ですから、そこから一番遠いふれあいコースから入る事に
しました。

大沢口に着くと森のお仲間が手に鈴を持って「渓流つりで使った
これを持って行くよ」別のお仲間も鈴を持っていました。その
二人のお仲間は大沢コースを行ったようですが、私には怖くて
行けませんでした。

ふりあいコースから記念塔連絡線を戻ってきましたが、住宅地に
近いと言っても、南区は住宅地にも出没しますからね。クマは夜中
に何キロも歩くといいますから、離れた場所でも安心は出来ません
一回りしてふれあい交流館が見えたのでホッとしていました。

クマ情報は江別市役所のホームページに詳しく載っています。
それによると、今日の13時には荻野の池付近でフンが確認されて
います。方向的には北へ向かっているようです。

怖い思いをして一回りして居たのはエゾシロチョウだけ。
画像


画像


雌の羽は半透明といいますから、ムラサキツメクサが透けて
見えます。
画像


雌が羽化するとすかさず雄がやってきます。
画像


画像


ふれあいコースに入り口には注意の張り紙。
画像


一回りしてもまだ8時半です。緊張から開放されたので「口直し」で
クマも居ない安全な森の周辺に出かけました。先日の遠くのノゴマ
が気になっていました。そのノゴマもいました。
画像


画像


画像


画像


直ぐ近くにノビタキの姿も。
画像


コヨシキリも。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック