クマ対策会議

昨日は朝の雨は上がって午後からは良い天気になりました。上の孫
が「図書館に行きたい」と言うと下の孫は「交流館に行きたい」と
意見が分かれたので「じゃ、両方行こう」で話しが付きました。

図書館で本を借りてから、交流館に向いました。駐車場にはたった
1台の車だけでした。いつもは混んでいる休日の駐車場ですが閑散
としていました。

私たちも駐車場から100mしか離れていない交流館ですが周囲を
見回りながらクマの姿がない事を確認している有様です。クマ騒動
でいつもは安全である公園が、利用者も近づけない公園に変わって
しまいました。

それにしても、22日の土曜日の朝刊の記事には愕然としました。
40人集まっての「野幌森林公園クマ対策会議」です。その記事
によると専門家の意見として「道立自然公園とはいえクマが居る
べき場所では無い」と、この森にクマは居ないと自慢していた
利用者との認識は同じですが

それに対して道の担当者は「自然公園の位置づけで、これまで
居なかっただけで、ヒグマの存在が想定される場所としてヒグマの
出没自体は問題視してない」

道の担当者のこのような発想で「クマ対策会議」は公園の利用者の
安全を守れる事になるのでしょうか。私のように利用者側からしか
発想していないという偏りは有ると思いますが。

カイツブリの親子。森に入れず段々散策場所で悩む事に。今日は
「泉の沼公園」に行ってきました。江別市東光町にある公園です。
画像


画像


マガモの親子。
画像


画像


画像

0