今日もゼフィルス

いつものように中央線から瑞穂連絡線に入りました。エゾニワトコ
の実が赤く熟してきました。メジロがやってくる木です。3分ほど
眺めていましたが来る様子はありませんでした。

瑞穂の池の方向に少し進みましたが、クマが怖く今来た道を戻り
始めた時、ウォーキングの男性から「クマは居ませんでしたか」
最近はこの言葉が挨拶代わりになっています。

記念塔広場からふれあいコースに入りました。昨日ミドリシジミを
観察した場所まで来ると卍巴飛翔が繰り広げられていました。成虫
に成り立てなので元気なのでしょうか。延々と飛び回って葉に止ま
ってくれません。

記念塔連絡線にもミドリシジミが発生する場所があります。そっち
も飛び始めたはず、とこっちを諦めて記念塔連絡線に向いました。
果たして、期待通り飛び回っていました。

昨日は、メスアカミドリシジミでしたが今日はオオミドリシジミ
でした。名前を特定するのに参考にしている図鑑が有ります。
「北海道のゼフィルス全種図鑑」です。堀繁久氏が解説されてい
ます。

オオミドリシジミ。
20190707オオミドリシジミ01[1].jpg

羽を広げて止まる場面が多いのはオオミドリシジミの特徴ですか。
20190707オオミドリシジミ05[1].jpg

待っていると羽は閉じてくれます。
20190707オオミドリシジミ08[1].jpg

20190707オオミドリシジミ10[1].jpg

20190707オオミドリシジミ11[1].jpg

20190707オオミドリシジミ06[1].jpg

20190707オオミドリシジミ09[1].jpg

そろそろエゾニワトコにメジロも姿を見せるはずです。
過去の7月31日の画像。
20150731メジロ7[1].jpg

0

この記事へのコメント