チョウにはめてしまいました

昨日と同じコースでエゾユズリハコースから入りました。桂コース
の見返り坂のチョウが気になっていたからです。昨日のブログで
「ジョウザンミドリシジミのようにも見えますがどうでしょう」と

自信の無い表現でしたので、もう一度確認をしたかったのです。
その現場に到着しました。実は昨日その現場でチョウの写真を
撮っていたら、ご夫婦の森のお仲間がやってきました。

ご主人の方は大きなカメラを持っています。私は「ここには綺麗な
ミドリシジミが居るんですよ。緑と言うよりブルーの色ですね」
その説明を終えた瞬間、私たちの目の前にそのブルーのチョウが
羽を開いてそのご夫婦に見せるように止まりました。

奥さんは感激してスマホで写していました。そして今日もその
ご夫婦がやって来ました。私は目の前のチョウを指差して
「これがオオミドリシジミ、こっちがカラスシジミ」

ご主人の方も「チョウにはまりそうだよね」と真剣に撮り出しま
した。チョウの図鑑の話しにもなったので「交流館に行くと堀さん
のチョウの図鑑が有りますから、それを参考にされてはどうですか」
また1人、チョウに引きずり込んでしまいました。

そのご夫婦がやって来た時開口一番「何も居なかったから歩くのも
早いわ~」私も「夏枯れですからね。チョウで一息付けているん
ですよ」チョウにはまるきっかけに夏枯れも有るのかも知れません。

昨日居なかったオオミドリシジミもいました。
20190709オオミドリシジミ1[1].jpg

ジョウザンではなく、特徴からエゾミドリシジミではないでしょうか。
20190709ジョウザンミドリシジミ2[1].jpg

20190709ジョウザンミドリシジミ3[1].jpg

ウラキンシジミ。
20190709ウラキンシジミ3[1].jpg

20190709ウラキンシジミ2[1].jpg

カラスシジミ。
20190709カラスシジミ1[1].jpg

オオウバユリ。この段階でエゾシカに狙われます。
20190709オオウバユリ3[1].jpg

花序から上がすっぽりと食べられています。
20190709オオウバユリ2[1].jpg

咲いたらこうなるのに。
20190709オオウバユリ1[1].jpg