今度はノラニンジン

森に入る前に森の北側周辺の様子をみてこよう、と思いました。
森は鳥の姿も無く静かです。その要因に暑さもあるのだろうか。
もうひとつは繁殖場所にまだ居るのだろうか。

その2点を探るためです。その繁殖場所に行くと幼鳥も含め賑やか
でした。暑さには関係なく飛び回っていました。そして繁殖場所
からも移転をしていませんでした。

実はもう1点その場所に行ったのには期待も有ったからです。
話は少し脱線しますが、オホーツクサイクリングの1日目の昼食は
コムケ国際キャンプ場です。野鳥の楽園でもあります。

以前のブログでもそこに有るレストハウスにノビタキやベニマシコ
の写真が展示されていて、この辺りも繁殖場所になっていると
紹介していました。そして今回もそのレストハウスを利用しました。

そこにノラニンジンの白い花の上にノビタキが止まっている写真を
見つけました。「これは絵になるな」と興味深く見入っていました。
6月にはオオハナウドの白い花にノビタキを追いかけていましたが

今日はノラニンジンの白い花にノビタキを期待してそこに行きまし
たが肝心のノラニンジンは有りませんでした。直ぐに森に入り草地
を一回り。ノラニンジンだらけでしたが、肝心のノビタキの姿は
ありませんでした。

ノビタキの幼鳥たちが飛び回っていました。
20190803ノビタキ3[1].jpg

20190803ノビタキ2[1].jpg

20190803ノビタキ4[1].jpg

20190803ノビタキ5[1].jpg

親も。
20190803ノビタキ6[1].jpg

オオジュランも。左はノビタキの幼鳥。
20190803オオジュリン1[1].jpg

20190803オオジュリン4[1].jpg

ノラニンジン。この上に止まる日はいつになるのでしょう。
20190803ノラニンジン2[1].jpg

この記事へのコメント

多摩
2019年08月04日 11:40
暑中お見舞い申し上げます。
お身体ご自愛ください。。
原始林駆け廻り隊
2019年08月04日 15:04
多摩さん、暑中お見舞い、ありがとうございます。
北海道はそろそろ暑さは終わりになりますが
関東はまだまだ暫らく続きますね。
体調にご留意されご活躍ください。