私の森の根本的意図

この森の様子を発信する当ブログですから、この森を隈なく歩いて
その様子をお伝えすべきですが、現実には偏った様子をお伝えして
いるのが現状です。

その偏った、というのが私の中でテーマつまり根本的意図という
ことになっています。最近の冬のテーマはクマゲラの調査という事
でブログもクマゲラばかりと偏ってしまっています。

春のテーマと言えばやはり夏鳥の到来情報です。そして秋のテーマ
と言えば、夏鳥特にノビタキとベニマシコの話題です。最近のブログ
での話題も、もっぱらノビタキに偏っています。

冬のクマゲラもそうですが、秋のノビタキもそうですが、テーマと
して取り上げる事で、段々その生態も見えてきます。今年は8月
18日に姿を見せたノビタキです。

その時の飛来数は少なく「なぜ雌だけなのだろう」そんな疑問も
ありました。すると10日経った昨日から飛来数がぐッと増えだし
て今日は雄らしい姿もありました。

今年の秋の飛来傾向を元に、来年の秋の飛来傾向と比較して分析
するのも当ブログの役割と考えています。偏ったテーマとなります
ことをお許しください。

ノビタキ。1ヶ所目。こちらは雌。
20190829ノビタキ03[1].jpg

20190829ノビタキ05[1].jpg

20190829ノビタキ09[1].jpg

20190829ノビタキ14[1].jpg

近くに居たのは雄。
20190829ノビタキ06[1].jpg

20190829ノビタキ07[1].jpg

2ヶ所目。離れた場所にも雄の姿。
20190829ノビタキ12[1].jpg

20190829ノビタキ13[1].jpg

尾が白いのでホオジロの幼鳥と思われます。
20190829ホオジロ2[1].jpg