鳥の姿も見えなくなりました

昨日は、エゾユズリハから志文別線を南下しました。モミジコースに
入る入り口が有りますが、通行規制のテープは外されていて、通行が
出来るようになっていました。

先日、オオハナウドの香りの話をしてくれた女性が「これからエゾ
マツコースから帰ります」と言っていましたから、そのコースも
歩けるようになっているのかも知れません。

今日は、ふれあいコースから入りました。ふれあいの沢もオオルリの
姿も無くすっかり静かになってしまいました。葉が茂り鳥の姿が見え
なくなったのも要因なのでしよう。

瑞穂連絡線から中央線に出ました。雨の予報でしたので、そのまま
大沢口に戻りました。まだ8時半です。オオハナウドにノビタキを
見てこようと森の北側周辺に向かいました。期待通りの動きはして
くれません。その内に雨が降り出しました。

エゾハルゼミ。「エゾ」とついていますが、北海道だけに生息して
いる訳ではありません。九州以北に生息しています。
20200611エゾハルゼミ1.jpg

別の場所でも。
20200610セミ1[1].jpg

複雑に鳴き声です。


記念塔広場ではコウリンタンポポが咲いていました。
20200611b6lyqy-[-[1.jpg

北の周辺にて。
下にはオオハナウドが有るんですけどね。
20200611ノビタキ1.jpg

横にはオオハナウドが有るのに。
20200611ノビタキ3.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

池ちゃん
2020年06月11日 13:34
今年からバードウォッチングを始めて、クマゲラを見たのをきっかけに病みつきになりました。休みの日にしか行けませんが、この時期はベテランの方でも観察は難しくなるんですね。初心者には厳しい季節に入りました。あまり木が生い茂らない草原の鳥を探してみようと思います。勉強になります。引き続き宜しくお願い致します。
原始林駆け廻り隊
2020年06月11日 16:13
池ちゃんさん、コメントをありがとうございます。
7月、8月の森は、私の中では「夏枯れ」と呼んでいます。
野鳥の姿が見えなくなるのです。勿論、葉が茂って見えなくなる
事もありますが、留鳥でありながら姿が消えてしまうのです。
その中でも、8月中旬には夏鳥のノビタキは草地に姿を見せ始めます。
草地もその辺りから賑わいますよ。
池ちゃん
2020年06月11日 17:01
ありがとうございます。夏枯れなんですね。暑いのが苦手なので安心しました。色々参考にさせて頂きます。