これからチョウの話題が多くなります

7月に入ってくると、森の中の野鳥の姿は見えなくなっていきます。
夏鳥も留鳥も子育てが一段落して、どこかに行ってしまうようです。
秋になってまた戻ってきますが、私にはその意味は良く判りません。

野鳥観察会も8月には開催されないように聞いていますから、やはり
野鳥の姿は見えなくなっているのでしよう。その時期に私を救って
くれたのがチョウでした。

2013年までは私のブログにチョウの姿は有りません。2014年の7月
5日にオオミドリシジミを撮ったのが最初でした。ブルーのミドリ
シジミに魅せられた瞬間でした。

そしてその年の7月30日に、全くの偶然でアサギマダラを撮って
います。「野鳥も夏枯れだし、チョウを追いかけて見るか」と思う
ようになったのが2014年でした。

しかし、その時はチョウの知識は全くありませんでした。まぁ、今も
変わりませんけど。ミドリシジミの仲間をゼフィルスと呼んだり
チョウによって食樹が違ったり、活動の時期・時間が違ったり

チョウの奥深さにため息が出るばかりです。夏枯れのこの時期から
チョウの話題が多くなりますが事情をお察しの上、よろしくお願い
いたします。今日は、雨で森は休みました。

この森で7月から8月に発生するチョウです。昨日掲載のチョウは
除きます。
アイノミドリシジミ。7月27日。
20180727アイノミドリシジミ2.jpg

ウラキンシジミ。7月31日。
20190731ウラキンシジミ2[1].jpg

ツハメシジミ。8月3日。
20170803ツバメシジミ3[1].jpg

カラスシジミ。7月29日。
20190729カラスシジミ1[1].jpg

トラフシジミ。8月6日。
20170806トラフシジミ4[1].jpg

ツバメシジミ。8月10日。
20170810ツバメシジミ3[1].jpg

ウラミス(ダイセン)シジミでしょうか。7月7日。
20140707ウラミスシジミ1[1].jpg

アサギマダラ。7月30日。
20140730アサギマダラ1_NEWa[1].jpg

コムラサキ。8月3日。
20160803コムラサキ1[1].jpg