ノビタキの撮影には工夫が必要です

昨日は、雨で森は休みましたが、午後から雨が止んだので、森の
ノビタキは何をしているのだろうと気になりました。野鳥は朝起きて
朝食を済ませると後は何もやる事は有りません。

ですから、午前中には姿を消してしまいます。でも午前中は雨だった
ので午後になって朝食を摂っているかも知れないと考えたのです。
前日、20羽ほど居た原っぱに行ってみました。

ノビタキは警戒心が強い鳥です。遠くから少しでも近づこうとすると
直ぐに飛んでしまいます。また、群れで行動します。決して単独行動
はしません。1羽がどこかに飛んで行くと全員その方向に移動します。

私の撮影はその習性を利用させて頂いています。ある場所に群れで
居ます。それが1羽に誘導されて他の場所に移動します。群れが居なく
なったその時そのある場所に私が立ちます。

やがてその群れがまたそのある場所に戻って来ます。私の存在はノビ
タキから見ると低木くらいにしか見えないのでしょう。警戒心も無く
近くでトンボを捕るのに夢中です。

そういう私もノビタキを撮影するのに夢中になっているのです。
最近のノビタキの撮影はそんな習性をお借りしているのです。

昨日のノビタキ。午前中は雨で朝食は摂れなかったのでしょう。
午後からもトンボを追いかけていました。
20200918ノビタキ01[1].jpg

20200918ノビタキ02[1].jpg

頭に縞模様が有るので今年生まれた幼鳥です。
20200918ノビタキ07[1].jpg

20200918ノビタキ09[1].jpg

20200918ノビタキ10[1].jpg

20200918ノビタキ12[1].jpg

20200918ノビタキ15[1].jpg

今日のノビタキ。
20200919ノビタキ1[1].jpg

20200919ノビタキ2[1].jpg

20200919ノビタキ5[1].jpg