調査も少しづつ見えて来ました

今日の北海道新聞に丹頂鶴の記事が載っていました。夫婦+子供1羽
の3羽と夫婦+子供2羽の4羽の合計7羽の記事でした。この時期でも
子供と一緒に生活していました。

丹頂鶴の場合は、親子の違いははっきり判別ができますが、クマゲラは
大きさも同じなので親子の判別は難しいです。頭の赤斑の模様の違いも
個体識別の決定打にはなりません。

それでも赤斑の模様について今シーズン観察した雌の個体について調べて
見ました。すると面白い結果が出たのです。太い模様と細い模様の2つの
パターンに綺麗に別れました。

それだけでは個体の違いの決定打になりません。以前より気になっていた
のが茶髪の個体も居るという事でした。その茶髪と黒髪と赤斑の模様を
組み合わせて見ました。

すると太い模様は茶髪、細い模様は黒髪とこちらも2つに綺麗に別れま
した。ちなみに2月6日に雄と雌が接近しました。その雌は太い模様で
茶髪でした。つまりつがいの雌は茶髪で黒髪は娘と言いたいですが
確定は後日の調査にゆだねる事とします。

太い模様は茶髪。
20210206クマゲラw13[1].jpg

右側の羽。
20210206クマゲラw03[1].jpg

同じ個体の左側の羽。
20210206クマゲラw08[1].jpg

細い模様は黒髪。
20210104クマゲラa15[1].jpg

右側の羽。
20210111w2[1].jpg

同じ個体の左側の羽
20210111w6[1].jpg

今日は太い模様で茶髪でした。
20210222クマゲラ2[1].jpg

20210222クマゲラ11[1].jpg

20210222クマゲラ3[1].jpg

20210222クマゲラ5[1].jpg

20210222クマゲラ8[1].jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント