オオルリも沢に到着

草地は草原の鳥の賑わいは無くなりましたが、夏鳥の第2弾の到着
でまた賑わい出します。オオルリやキビタキです。賑わう場所は
ふれあいコースの400mの沢です。

その沢で昨日もオオルリの鳴き声は聞こえていましたから、到着は
しています。と言う事で今日はオオルリに遭いたくてその沢に向い
ました。その沢で森のお仲間と「もうルリビタキは居ないよね」

ルリビタキもこの沢は好きですが、ここでは繁殖しません。大雪山
のような高地に向うのです。そのお仲間と別れて50mも進まない
ところでルリビタキが2羽飛び回っていました。

そのお仲間もやってきました。2羽とも雌の色をしていたので
「今時雌2羽何んですかね」するとそのお仲間は「雄の若ではない
ですか。腹のオレンジも濃いですしね」

確かに雄の背中全体が瑠璃色になるまで3年かかるといいますから
繁殖期を迎えた雄の若だったのでしょう。私の知識の無さを露呈
した場面でした。過去の画像を調べても、5月の観察は有りません
でした。もうじき姿を消すことでしょう。

その後、オオルリの鳴き声は聞こえてきましたが、姿は見えず。
じゃ、記念塔の広場に出てサクラを覗いてみようか、となったの
です。

ルリビタキ。
画像


画像


画像


画像


メジロ。
画像


画像


画像


画像


画像


画像

"オオルリも沢に到着" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント