久しぶりのふれあいコース

昨日の物語のラストシーンは茶髪の男が娘を連れて飛び去った事に
なっています。そして森の彼方に消えて行きました。するともう両親の
元を離れて、親離れだったのか、それも気になっていました。

今日は、20cm以上の大雪が積もっていました。朝、雪かきが終わった
後は疲れて調査に行く元気はなくなっていました。それでも少しは運動と
思ってふれあいコースと記念塔連絡線をスキーで歩く事にしました。

新雪が積もった雪原だけが広がっていました。それでも後1ヵ月もすると
夏鳥がやってくる季節が始まります。この草地も忙しくなります。
気が早かったのですが、そんな春の景色を思い浮かべながら歩いていました。

過去の3月の夏鳥の到来を調べて見ました。2012年3月26日にモズが
2015年3月31日にベニマシコが、2016年3月29日にホオジロが
2020年3月25日にヒバリが。前宣伝にしても早すぎましたか。

ベニヒワ。
20210224ベニヒワ1[1].jpg

ハチジョウツグミ。
20210224ハチジョウツグミ1[1].jpg

ネコヤナギ。
20210224ネコヤナギ1[1].jpg

3月到来の夏鳥。
モズ。2012年3月26日。
20120326モズ1[1].jpg

ベニマシコ。2015年3月31日。
20150331ベニマシコ4[1].jpg

ホオジロ。2016年3月29日。
20160329ホオジロ03[1].jpg

ヒバリ。2020年3月25日。
20200325ヒバリ1[1].jpg



"久しぶりのふれあいコース" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント