遅かった夏枯れ終了宣言

9月12日 森を歩いている途中で雨、そのまま引き返しました。
と言う事でブログは休みました。


昨日の四季美コース、何も居なかった、という事で今日はまた草地
を回っていました。鳥の姿が見えなくなる夏を「夏枯れ」と呼んで
いますが、それも7月中旬から8月の終わりまでです。

9月に入ると、姿を消していた、シマエナガやメジロも姿を見せ
始めるはずです。9月も中旬になろうとして居るのに姿を見せて
くれません。今年の北海道の夏は猛暑が続きました。

その余韻でしょうか、昨日も一昨日も30度を越えたようです。鳥
から見て夏は終っていなかったのでしょう。でも今日の朝は外に
出るとひんやりとして夏に押し返された秋が戻ってきたようです。

遅かった夏枯れの終了宣言で、姿を消していた鳥たちもやっと戻れ
る環境が整ったのではないでしょうか。そんな期待をしながら明日
からの散策を楽しむ事にします。

ノビタキ。
20190911ノビタキ2[1].jpg

20190911ノビタキ3[1].jpg

トンボを捕まえました。
20190911ノビタキ6[1].jpg

スギタケモドキのような気がしますが、どうでしょうか。
20190911キノコ2[1].jpg

シマエナガももう姿を見せても良いのですが。過去の画像から。
9月7日。
20160907シマエナガ12[1].jpg

9月11日。
20160911シマエナガ07[1].jpg

9月21日。
20180921シマエナガ07[1].jpg

四季美を回りました

四季美の様子について「何も居ない!」と人の情報だけを頼りに
してはまずいと、今日は私の足で様子を探る事にしました。私の
足でも「何も居ない!」を証明する事になってしまいました。

エゾユズリハから回り始めました。道端は草地では見られない花
に足を止めていました。サラシナショウマやミソソバも満開と
思っていたら葉の形からアキノウナギツカミでした。

ミソソバも道端を埋めていました。賑やかなのは花々だけ。鳥の
鳴き声はありません。志文別線から四季美の入り口のベンチで
一休み。その時近くの地面が動きました。

テングダケが密集していました。そこにいたのはカエルでした。
ツチガエルです。テングダケを食べていたようですが、毒キノコ
ですからね。大丈夫なのでしょうか。

ツチガエルはそもそも北海道では分布していない外来種です。
1985年に札幌市南区で初めて記録されたと載っていました。
カエルの撮影を終えて四季美を歩き始めました。

鳥の姿はほとんど無し。大沢園地から桂コースへ。桂コースも同じ
様子です。最後はいっその事鳥が現れないように、と祈っていま
した。祈りが通じ、「何も居ない!」を証明する事に。

ツチガエル。眼の前がベニテングダケ。
20190910ツチカエル1[1].jpg

20190910ツチカエル3[1].jpg

サラシナショウマ。
20190910サラシナショウマ1[1].jpg

ミゾソバ。森のお仲間からコメントを貰いました。
アキノウナギツカミと書きましたが、ミゾソバの誤りでした。

20190910アキノウナギツカミ1[1].jpg

ミゾソバ。
20190910ミソソバ2[1].jpg

オオバセンキュウ。
20190910オオバセンキュウ1[1].jpg

ツマグロヒョウモン。これは去年の9月11日に交流館の丘の縁で
撮影したものです。明日ですからね。
20170911ツマグロヒョウモン12[1].jpg

そろそろ四季美へも

クマ騒動が起きた6月10日以降、1度も四季美コースを回って
いません。もう3ヶ月になりますから森の様子を紹介する当ブログ
としても異常事態です。

クマ騒動以降も四季美を回っている森のお仲間も居ますので、四季
美の様子は、合う都度お聞きしています。最近も「四季美はどう
でしたか」判で押したように「何も居ない!」の回答です。

そんな四季美の情報から、どうしてもノビタキで賑わう草地に傾斜
してしまいます。春にはほとんど姿を見せなかったノビタキですが
今年の秋は例年より個体数が多い印象です。

この秋、草地を賑わすのはノビタキだけではありません。過去の
9月7日にふれあいコースにノゴマが姿を見せています。そして
10月に入るとベニマシコがやってきます。

林間も賑わい始めます。旅鳥のムギマキが過去の9月24日、マミ
チャジナイが9月29日に羽を安めにこの森に寄っています。
クマ騒動も収束のようですから、四季美も回り始めますか。

ノビタキ。
20190909ノビタキ02[1].jpg

20190909ノビタキ04[1].jpg

20190909ノビタキ05[1].jpg

20190909ノビタキ06[1].jpg

20190909ノビタキ09[1].jpg

20190909ノビタキ01[1].jpg

秋の記念塔。
20190909記念塔1[1].jpg

ノゴマ。過去の9月7日のふれあいコース。
20120907ノゴマ06[1].jpg

ムギマキ。過去の9月24日の林間。
20120924ムギマキ2[1].jpg

クマ騒動も集結宣言間近

草地を一回りして大沢口の駐車場に戻ると、駐車場はほぼ満杯状態
で以前の賑わいが戻っていました。「6月10日22時50分頃
市内西野幌(立命館高等学校付近)においてクマの目撃情報があり
ました」

この情報が事の始まりでした。森林公園内への進入は78年ぶりと
大騒ぎになりました。その直後から公園利用者は極端に減りました
休日でも駐車場はガラガラ状態でした。

それから約3ヶ月経った9月5日の北広島市の情報では「14時00
分頃、当市が設置した箱わなにおいて、ヒグマを捕獲し、駆除
しました。

当個体は、当市の家庭菜園や江別市でトウモロコシ畑の食害を
しているヒグマと同一の問題個体であると判断いたしました」
ただ博物館側の見解は

「捕獲された個体が、6月10日以降に野幌森林公園で確認されて
いる個体と同一のものかは、現在調査中です」個体の確定にはDNA
の鑑定待ちのようです。

まだ集結宣言は出ていないようですが、ほぼ間違いないでしょう
と言う事で森にも賑わいが戻ってきました。まずは、やれやれと
言ったところでしょうか。

明日は、森は休みます。

ノビタキ。
20190907ノビタキ3[1].jpg

20190907ノビタキ2[1].jpg

20190907ノビタキ4[1].jpg

ツバメシジミ。
20190907ツバメシジミ2[1].jpg

20190907ツバメシジミ1[1].jpg

キハリヘリカメムシ。ツリバナも好きな食草。以前は本州が
北限だったようですが、温暖化で北海道でも観察できると
書いてありました。
20190907キバラヘリカメムシ1[1].jpg

20190907キバラヘリカメムシ3[1].jpg

テングダケ。ベニテングダケは少し遅れて9月中旬です。
20190907テングダケ1[1].jpg

20190907テングダケ2[1].jpg

ノビタキの夏羽の考察

今日は、記念塔広場から開拓の沢線を通って瑞穂の池に向かう予定
でした。広場まで来た時「いや、気になる事ははっきりさせよう」
と瑞穂の池を中止して今来た道を戻りました。

昨日、ノビタキの雄らしき個体を撮っています。顔の目の周りに
黒が残っているので雄に間違いないでしょう。気になっている事と
いうのは、8月30日に撮った雄の事です。

それは森の北側周辺で6月から観察している繁殖場所での雄の姿
です。まだ100%夏羽でした。そこには母親も幼鳥もいました
ので繁殖場所を今も守っていたのです。(下の画像)

そこの親子の様子、特に父親の夏羽の様子を知りたくて、草地から
から引き返して森の北側周辺の調査に行ったという次第でした。
しかし、その繁殖場所はすでにもぬけの殻で親子の姿はありません
でした。

繁殖場所ではまだ100%夏羽、繁殖場所から移動した雄(昨日
の画像)はほとんどが冬羽に変っています。この差は何だろうか
と、ひとつの推論を立ててみました。

その違いは「気の張り」ではないでしょうか。その気の張りとは
繁殖場所における雄の威厳を保とうと夏羽で通す。繁殖場所から
移動すると「威厳はもッいいか」と気の張りが解けた瞬間に冬羽に。

私の推論も証明出来ず仕舞い。「気の張り調査」は来年に持ち越し
になってしまいました。

森の北側周辺のノビタキの繁殖場所。8月30日撮影。
ノビタキの雄。まだ100%夏羽でした。
20190830ノビタキ3[1].jpg

親子の姿も。
20190830ノビタキ2[1].jpg

今日のノビタキ。
ススキの実を食べ初めていました。
20190906ノビタキ2[1].jpg

こちらも。
20190906ノビタキ1[1].jpg

20190906ノビタキ3[1].jpg

20190906ノビタキ5[1].jpg


草地の森林化も痛し痒し

草地の木が成長して森林化した事で、草原の夏鳥が棲みづらくなり
この草地を離れて行ってしまったと嘆いていましたが、森林化した
事で、森林を好む鳥たちが姿を見せるようになりました。

何も変らない自然のままが良いといいますが、自然もまた時間と共
に成長し変貌をしていくのです。この草地も変貌し森林化した事で
シマエナガ、メジロ、コサメビタキ、アリスイといった森林を好む
鳥たちの居場所になったのです。

今日の草地は、森林化した草地と昔のままの草地の両方を見せて
くれました。ふれあいコースを進むとノビタキに混ざってコサメ
ビタキの姿がありました。正に森林と草地の混在です。

ノビタキの姿はそこだけでは有りませんでした。記念塔広場では
3羽、記念塔連絡線では2ヶ所で2羽ずつ確認。これでは「集結」
にならないな、と思っていたらそこに森のお仲間がやってきて

「交流館のところでノビタキを撮ったよ」という事は全部で5ヶ所
に居た事になります。集結宣言はいつになることやら。そして少し
進むと今度はアリスイです。森林化も痛し痒しという事ですか。

コサメビタキ。
20190905コサメビタキ3[1].jpg

20190905コサメビタキ1[1].jpg

アリスイ。
20190905アリスイ4[1].jpg

20190905アリスイ1[1].jpg

20190905アリスイ5[1].jpg

ノビタキ。1ヶ所目。
20190905ノビタキ02a[1].jpg

20190905ノビタキ03a[1].jpg

20190905ノビタキ04a[1].jpg

2ヶ所目。
20190905ノビタキ06b[1].jpg

20190905ノビタキ08b[1].jpg

20190905ノビタキ09b[1].jpg

3ケ所目。これは雄ですね。
20190905ノビタキ12c[1].jpg

20190905ノビタキ13c[1].jpg

20190905ノビタキ15c[1].jpg

近くに雌もいました。
20190905ノビタキ16c[1].jpg

4ヶ所目。
20190905ノビタキ17d[1].jpg

20190905ノビタキ18d[1].jpg

20190905ノビタキ19d[1].jpg

私のPC購入術

ふれあいコースを歩き記念塔連絡線を歩いてもノビタキの姿は有り
ません。どこに集結しているのだろうと思いながら記念塔の広場に
出るとそこに3羽の姿が有りました。

集結場所はここだったのか、そう思って居た所に森のお仲間が来て
「これノビタキだよね」ふれあいコースで撮ったという事でした。
「集結」がぐらついた瞬間でした。

そのお仲間と瑞穂の池に向かいました。道々パソコンの話になり
ました。二人ともOSはWindows7でそのサポートは来年1月まで
なので買換えを控えていました。

お仲間の「量販店で買うと10数万するからね」に対して私のPC
購入術をご披露しました。私のPC購入は本体にはOSと基本AP
しか入っていませんので、本体+モニターを付けても5万円以上
で買った事はありません。

次の購入は3万円以下を予定しています。今まで使用していた
Microsoft Officeもバージョンが古くなったので、2019年版に
する予定ですが、購入するのはMicrosoft Officeではありません。

そのOfficeの互換ソフトです。その互換ソフトは何社からも販売
されています。我が家のもう1台のWindows10にはキングソフト
のOffice互換ソフトが入っています。互換には全く問題ありません
年金暮らしの身、色々智恵を絞っています。

ノビタキ。
20190904ノビタキ1[1].jpg

20190904ノビタキ2[1].jpg

20190904ノビタキ3[1].jpg

20190904ノビタキ4[1].jpg

20190904ノビタキ5[1].jpg

自分の命の限りを知っているのでしょう。命を繋ぐ営みが
始まりました。
20190904トンボ1[1].jpg

カンタン。私も久しぶりに見つけました。
20190904カンタン1[1].jpg