テーマ:エゾフクロウ

メールの文字化け

今更こんな事になるとは思ってもいませんでした。先日森の中で お会いした本州のバーダーさんからお礼のメールを頂きました。 早速、返信をさせて頂いたところまでは良かったのですが 私の返信に対しての先方からの返信は「文字化けしていて読めま せん」でした。何十年もパソコンメールを使っていますが、先方 から「文字化け」の指摘を受けた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

辛いから楽しい

2ヶ月前に申し込んだオホーツクサイクリングも来週の金曜日の 早朝3時に我が家を出発し、ゴール地点の斜里町に向います。 途中、高速を使っても7時間以上かかります。 斜里町のゴール地点の会場でエントリーの手続きをして12時の 専用バスで雄武町に向います。自転車は専用貨物車で運んで貰い ます。夕方に雄武町に到着し前夜祭が始まりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もりのふくろうさん

童謡の「もりのふくろうさん」の中でフクロウの鳴き声として 「ホーホー」と歌われています。この童謡の通り親の鳴き声はその 「ホーホー」です。 しかし、幼鳥の鳴き声は全然違っています。人間が舌打ちをする ような「ティッティッ」とかチィッチィッ」の中間のような鳴き声 です。特徴的なので他の鳥との区別は直ぐに付きます。 今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脅かすつもりはありませんが

6月20日 森に入りましたがブログは休みました。 今日はマダニの危険性について再認識をいたしました。私が道に 止まっていたら、前方から白い1m四方くらいの旗を持った集団が その旗を道端の草の上を滑らしていたました。 私にはマダニの採取であると直ぐに気がつきました。6名の若い 男女でした。道端のせいぜい10cmほどに伸び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は偶然だらけ

午前中は晴れの予報でしたが、8時を回っても厚い雲に覆われて いました。その内に晴れてくるだろう、と8時半ころから森の 入りました。 「コツコツ」の音が聞えてきたので、立ち止まって耳を澄まして いました。クマゲラの四分音符より少し早いので、オオアカゲラ だろうな、と思っていたその時 目の前の木にクマゲラが音も無く飛んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親の心子知らず

今週の予定としては、今日は「森は休みます」でした。日曜日の 天気予報の段階で今日は、雨マークが付いていたので今日の 「遊び」はキャンセルをしていました。 今朝は起きた時には雨は上がっていましたが、黒い雲が覆っていま した。森は止めようか、と思っていつもは出掛ける7時になっても 腰は上がりません。 しかし、間もなく空が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣立ちの季節

我が家のスズメのヒナの子育ての様子を見ていると、両親の子供への 愛情が伝わってきます。朝から晩まで引っ切り無しにエサを運んでは ヒナに与えています。 そして時折親が巣箱に入って、フンをくわえて外へ運んで行きます。 子供が何人居るのかは確認出来ませんが、子供の泣き声が聞えてきた のは6月8日でした。 スズメの巣立ちは1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ショパンを聴いていたもう一人の人

新雪の後の森が好きです。その新雪の森を歩き出しました。 白銀の森はどこまでも透き通っています。氷点下10度を超える 張り詰めた空気。 薄い雲からにじんで見えていた朝日もやがて真っ青な青空に 変わっていました。キィ~ンと張り詰めた森が青空に包まれて きました。 足を止めて耳を澄ますと、その森の張り詰めた凍りつくような空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森は自然の教室

昨日の親の体当たりの話ではありませんが、それぞれ専門分野 と言っては大げさなのかも知れませんが、得意分野を持った 森のお仲間がいて、そのお仲間たちから教えられることばかりです 昨日は予定していたコースから、大きく外れてしまう出来事が 有ったので、昨日予定していたコースを回ることにしました。 エゾユズリハコースから志文別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダニに好かれています

6月20日 雨で森は休みました。 昨日は大沢の池からカイツブリの鳴き声が聞こえてきました。 原の池のカイツブリはどうしているのだろう、と今日のコースには早々に 原の池を入れていました。 今シーズンは原の池には一度も行っていません。東3号線から志文別線に 出るとそこからは600m程で原の池に着きます。その600mが面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大切な人」から「誘惑の人」に

クマゲラ生息調査?も3日目です。 今日もおにぎり、コーヒー、かんじきをリュックサックに詰めて出掛けました。 私のテリトリーを越えて、メスの居た現場に到着しても、その姿はありません。 もう少し先に進んでオスが居た、と言う現場に到着しても、姿はありません。 昨日はここでコーヒーを飲みながら30分ほど様子をみていました。 今日は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

説明は正確に(思い込みは禁物)

森のお仲間同士で花が咲いている場所を、教えられたり教えたりします。 教え方も人によって、それぞれ特徴がありますね。 教える側にも思い込みがあったり、それを聞いている方にも思い込みが あったりする場合もあります。その思い込みがたまたま一致していれば、 無事花の現場までたどり着けますが、思い込みが一致していなければ、いくら 付近を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シジュウカラの巣立ち

昨日の出来事です。 森林の家まで足を延ばしたせいか、1時頃急に眠くなり昼寝をして しまいました。 近所の奥さんが、庭仕事をしていた妻のところに来て、「ヒナが出たよ」 妻は昼寝をしている私のところに来て、「出たって、早く、早く」 その奥さんの庭には、巣箱があり去年もヒナがかえっていました。 その奥さんから、ヒナが出るところを写…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

それって口が硬いの?

春夏秋冬、森を散策してその季節にあった、色んな森のドラマを見せて くれますが、新しい命が誕生するこの季節は、他の季節にはない スペシャルドラマを演じてくれます。上演している場所までは判りません ので、これはやはり足を頼りに森をさ迷う以外にありませんよね。 当ても無く歩き回って、突然目の前でドラマが始まったときは本当に 感動の瞬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドシートをゲット

6月4日は森を休んで元会社のゴルフコンペに参加してきました。 その景品にサッポロドームのファイターズ-中日戦(6月8日)の ペアチケットがあり、運良くそれをゲットできました。 チケットを見ると「ネット裏(ダイヤモンド)」となっていました。 その下に、ダヤモンドシートとも書かれていました。 近くの人にそのチケットを見せると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早速、幸運が

ヤドリギは「幸運をもたらす」との事でした。 でも自重ぎみに、「幸運も忘れたころにやってくる」と昨日は書きましたが ヤドリギの幸運が目の前に、いきなり現れました。 もう2年以上通っている道での出来事です。 道端の木に大きな穴がポッカリ開いています。高さも2mもありません。 道端でもあり、高さも低くエゾフクロウが一冬安心して過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分に限って、と思っていましたが

今日の森の中の痛い出来事です。 カメラを構えていたその時、ブ~ンと聞こえたかと思ったらほっぺたに 激痛が走りました。体験をした事も無い激痛です。瞬間、ハチに やられたと思いました。手で払いのけて撃退したはずなに、ぽっぺたに まだ何かがついているようなので、手で取ろうとしたら手にラッパ状の 針が付着していました。 近くにハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

親から一言

昨日の雨が朝まで続いていました。 雨も完全に上がっていません。空も暗く森に入るにしても、もう少し 空が明るくなってから、と様子を見ていました。 雨が止んで、少し明るくなってきた時、電話が入りました。森のお仲間 からです。「遊歩道の近くにフクロウがいますよ」。貴重な情報をいただき ました。その場所を確認して、急遽出動です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4日ぶり、出迎えてくれたのは

3日間森をお休みしました。八雲町にある、「八雲温泉 おぼこ荘」に 1泊。料理も温泉も大満足でした。 今日は、4日ぶりの森です。森も8月に入っていました。 花のシーズンも終盤を迎えています。アケボノソウが咲き始めると 森の夏はもうおしまいです。森の中も秋の気配を感じるようになり ました。そんなことを考えながら歩いていたら、遠くに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳴くまで待とう・・・

野鳥の観察では、鳴いてくれるのが一番。 鳴き声が無いと、気が付かず近づき過ぎて逃げられるのがオチか 近くに潜んでいるのに、それに気が付かないまま、探し続ける事に。 今日のエゾフクロウがそうでした。 当たりを付けて、探しても姿はありません。捜索範囲を広げても 見つかりません。いよいよ遠くへ引越しをしてしまったか~。そんな事も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋は本当に、盲目なの

7月29日のブログは雨のため、お休みします。 昨日は、森はお休みのはずが、用事で出掛ける前に時間があったので 森に入って見ることにしました。 前の日に、恋人に逃げられたままになっていたのが気になっていたの です。遭って本当の気持ちを聞きたいと思っていました。(しつこいね~) 逃げられた、いえ別れた付近に来たときに、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の日の恋

夏の日の恋は、突然やってきます。考えてもいなかったのに。 今日は、北海道の夏らしいさわやかな風が森の中をやさしく 通り抜けていました。いつも通り、突然の出遭いを求めて歩いて いました。 すると、エゾフクロウの親の姿が突然目に入ってきました。 そして、近くからヒナの鳴き声が聞こえています。鳴き声をたどって 行くと、まず1羽…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蝦夷接骨木

と書いてエゾニワトコと読むそうです。 歩いていたら、私より随分年配の男性から声を掛けられました。 「おじさん、あっちこっちで赤い実がなっているが、何んて言うの」 カメラを持っているので、詳しいと思って声を掛けてきたのでしょう。 「あ~~、あの赤い実ですね。いや~、判りません。いたるところに あるので名前も調べていませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣立ちの季節

鳥達にとっても、この時期は一番大変な時期なのでしょうね。 タマゴを生み、抱卵・抱雛、給餌をしてヒナを育てて巣立ちを迎えます。 今日は、ふれあいコースから入り開拓の沢線のきびたきばし辺りで 地面から「チッ、チッ、チッ」の鳴き声が。良く見るとまだ自由に 飛べない沢山のヒナが地面を歩き回っていました。巣立ちをしてまだ 間もないようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セリフの無い壮大なドラマ

昨日は、エゾフクロウに偶然遭遇してしまったので興奮状態で 写真を撮るのが精一杯。エゾフクロウをじっくり観察する余裕は ありませんでした。 昨日の出来事が忘れられなく、昨日の現場に直行しました。 今日も、ヒナ3羽が揃って出迎えてくれました。 エゾフクロウの生態に詳しい森のお仲間も、すでに観察をしていました。 そのお仲間から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早起きは三文の徳

今日は、暑くならないうちに森に入ろうと、5時に起きて、6時には 森に入りました。早く森に入る理由はそれ以外には無く、当ても無く ゆっくり森をぶらぶらするつもりでした。 森に入ってしばらくして、鳥のけたたましい鳴き声が続きました。 今は子育ての時期ですから、鳥達もデリケートになっています。 警戒の鳴き声ようです。一応、立ち止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4年ぶりでした

歩くスキーをされている人は、この森を広範囲に歩き回って います。私たちのように「歩き組」は、雪のため歩ける範囲が 限定されてしまいます。 広範囲に歩き回っている「スキー組」は、私たち以上に 突然の出遭いがあるようです。 昨日、スキー組の方からクマゲラ情報を頂きました。 「さっき通ったところで、クマゲラが太いトドマツの下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3ヶ月ぶり

枝に止まっているエゾフクロウを見るのは3ヶ月ぶりです。 エゾフクロウは夜中に活動します。夏場は、活動をした後の日中は 木の枝に止まって居眠り。冬場の日中は樹洞の中で居眠りをします。 ある人から教えて頂いた話では、夏場は、木の枝に止まって 居眠りしていても、葉が茂っているので、それで身を隠せる。 冬場は、葉が落ちてしまうので身を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森からの贈り物

地上のエサを探しにやってきたシマエナガの群れを撮影してから その現場である中央線から森に入るのが多くなりました。その後は 東3号線を通って志文別線に出ます。以前は「森林の家」まで足を 延ばしていましたが、最近は無理をしなくなりました。 今日もその無理をしないコースを選択。森に入ってもあまり鳥のさえずりが 聞こえません。11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり、探しに

行ってしまいました。 昨日は、残念ながらハズレでしたが、今日はエゾフクロウに 遭えました。 こちらを警戒することもなく、眠たい様子です。ほとんど目をつぶっています。 夜中に十分お腹を満たすだけのエサを捕ったのでしょう。 エサを探すような様子もありません。 最後まで移動することはありませんでした。そ~と現場を離れました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more