アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
森の日記帳
ブログ紹介
森(野幌森林公園)の中をカメラを担いで散策しています。
森での鳥、小動物、野花、風景との出会いをご紹介します
zoom RSS

そろそろシマエナガの季節

2018/09/21 13:33
クマゲラはこの森に棲む留鳥ですが、夏の時期はほとんど姿を見せ
てくれません。クマゲラは繁殖期以外でも自分たち(夫婦)の縄張
りから出ることは有りませんので姿を見せなくなるのは不思議です。

私の推理では、食事の方法の違いからと考えております。冬場は
地上の木に穴を開けたり、木の皮を剥いだりする食事方法なので
姿を見せやすい。

一方、夏場は地面に下りて倒木や地中のエサを探すので姿は見え
ない、と考えております。同じ留鳥のシマエナガはどうでしょうか
夏場に姿を見せなくなるのはクマゲラと同じです。

過去のデータを見てもシマエナガが姿を見せ始めるのは9月中旬
以降です。シマエナガは、繁殖期以外は縄張りを持たず、カラ類と
混群しながら漂っているのです。

近くに高い山でもあれば、夏場は標高の高い涼しい場所を求める
事もありますが・・・。何はともあれ、理由は不明のままですが
そろそろシマエナガの季節がやってきます。

シマエナガ。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


シマエナガのとりこになったのは、この画像あたりだったのかも知れ
ません。2009年9月11日です。
画像

記事へかわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


お釈迦様の教え

2018/09/20 13:08
ほぼ毎日森に入り、生き物たちを被写体とさせてもらっています。
被写体に対しては、いつも優しい気持で接するように心がけている
つもりですが、私から見るとあくまでも被写体なのです。

私が被写体の生き物たちになるとは考えてもいません。今日のよう
にノビタキになったり、ノゴマになったり、あとわずかの命を哀れ
むような鳴き声のカンタンになったり。私には考えた事もありませ
んでした。それを考えさせられるような事がありました.

樹木希林さんが亡くなりました。追悼番組で樹木希林さんが生前に
言っていた言葉として「人間として生まれた事は奇跡なんだよ」
そんな意味の事を紹介されていました。

それを調べて行くとお釈迦様の教えとして、仏教の経典にもある
盲亀浮木の譬え(もうきふぼくのたとえ)からきていたのです。
人間として生まれてくる事は奇跡、だから命を大切にしなさい」
そんな教えのようです。

ある学者は、奇跡の例えとして人間になるのは「1億円の宝くじを
百万回連続して当たったと同じくらいの確立」やはり奇跡なのです。
だから私の来世はこの確率から外れると、今度は間違いなく冒頭に
書いた「被写体」の方に回るのです。

私の来世の事も考え、「被写体」を大事にしなければ、と改めて
考えさせられたお釈迦様の教えでした。


ノゴマ。この森を見捨てていませんでした。
画像


画像


画像


ノビタキ。私の来世は「近すぎる」とカメラマンを睨み付けているの
かも知れません。
画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


風倒被害

2018/09/18 12:48
9月19日 ブログは休みました。

台風による強風で森の中にも色々な影響が出てしまうのだろうと
想像します。秋には木の実を付けそれを冬の食料としている生き物
たちもいるでしょう。

その実が強風で熟する前に落ちてしまうとその実を楽しみにして
いた生き物はどうなるでしょうか。ミズナラやカシワに卵を産み
付けたチョウもいるでしょう。

強風でその枝が折れて落ちてしまうと、どうなるでしょうか。春に
は幼虫になり食べようと思った葉はそこにはありません。強風の
影響は枚挙にいとまがありません。

私にはそれ以外の心配な事もあります。風倒被害です。林野庁が
平成16年の台風18号で野幌森林公園での風倒被害を纏めた
「野幌森林再生検討会 報告書」が有ります。

それによると、国有林は約1500ha有りその内訳は、人工林は
約500ha、天然林が1000ha。その人工林の内トドマツと
カラマツを足した比率は60%を占めています。

そのトドマツとカラマツはクマゲラにとっては食料を確保する為の
生命線です。そのトドマツの風倒被害は植栽面積の19%で
トドマツの約1/5を失ってしまった事になります。

私の直前のクマゲラ調査では、縄張りも5〜6有りそうなので
その影響は軽微だったかも知れませんが、今回の台風でも風倒被害
が出ており、その規模を心配しています。

今日もアワダチソウとノビタキ。
画像


画像


画像


画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


森のお仲間の台風講話

2018/09/17 13:09
森のお仲間との会話は、いつもは野鳥の話題になりますが、今は
台風と地震の話題になってしまいます。今回の台風21号で森も
風による倒木で大変な被害となりました。

平成16年の台風18号を知っている森のお仲間は、その台風は
今回の台風の比ではなかったようです。森の中を歩くと今でも
所々に開けた場所がありますが、それは全部台風18号による
倒木で林を失った場所という事でした。

今回の台風21号の気象情報を調べると、江別の情報として最大
瞬間風速は5日3時16分の33.1m/秒で風向は南南東でした。
ちなみに、台風18号では札幌の情報として最大瞬間風速は
50.2m/秒でしたから、倒木被害の大きさは判ります。

森のお仲間の説明では、大木が倒れてしまうのにはこの森の土質が
係わっているとの事でした。先日のブログで、「入植者による開墾が
始まったのです。しかし、開拓地として適正に欠いた土地でした」

この適正に欠いた土地とは「粘土質」だったのです。その粘土質の
上に火山灰が積もりその上に林が出来上がっていました。木の根は
硬い粘土質には伸びる事が出来ず、浅い火山灰に根を張る事に
なりました。

大木で有りながら十分に根を張る事が出来なかった事が強風に弱く
倒木に繋がってしまったのです。

アワダチソウとノビタキ。
画像


画像


画像


画像


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


森はまだ通行止め

2018/09/15 12:49
9月16日 森に入れずブログは休みました。

ブログを再開いたしましたが、森の入り口はまだ全て「通行禁止」
となっております。ただ、中央線は基線まで遊歩道上の倒木は除去
されて、桂コースの一部も除去が開始されたようです。

除去作業が開始された事で、「通行禁止」解除へ向けて見通しが少し
だけ見えてきました。ただ、今回の大地震で明日をも見通せない
被災された多くの方々へ改めてお見舞い申し上げます。

今回の大地震で災害への備えの大事さを痛感しました。大昔のトラ
ンジスタラジオを取り出しましたが、電池はすでに腐食していま
した。それでも電池を交換すると聞こえ出しました。

流石SONYのラジオと思いましたが、間も無くダウン。ラジオも
ネットで聞いていましたからね。ラジオの備えを痛感しました。
意外なヒットも有りました。

車のナビの必要性は感じていませんでしたが、「本州への旅行には
必要か」と車に脱着できるナビを購入していました。普段はナビの
必要は無いので、車のダッシュボードに入れっぱなしでした。

今回の停電時にそれが威力を発揮したのです。そのナビを茶の間で
テレビとして使えたのです。そんなつもりで購入した訳では無いの
に。携帯ラジオと同じくナビも防災グッズだったのです。

昨日から森の様子を見ようと大沢口に入りました。ふれあいコース
から記念塔連絡線を回ったかどうかは、明言を避けますが
ノビタキが居たのはふれあい交流館の丘でした。
画像


画像


大沢口に行けなかった12日は森の北周辺を歩いていました。
ノビタキも夏羽から冬羽に変ろうとしていました。
個体ごとに、冬羽への進行具合は違います。
画像


画像


画像


ホオアカの幼鳥もいました。
画像


画像

記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


ブログ10周年記念行事のご案内

2018/09/09 08:44
9月10日 森は休みました。というより台風の倒木の影響により
園内は全て通行禁止となっております。通行の解除は未定との
事です。森に入れませんので、当面(今週の金曜日まで)ブログ
も休みとさせて頂きます。


8月4日にも「予告」としてご案内しておりましたが、当ブログも
今年で10年目を迎える事となりました。皆様からのご支援と感謝
に絶えません。ありがとうございました。

その10周年の記念行事の計画を進めてまいりましたが、掲示の
パンフレットの通り詳細が決定いたしましたので、ご案内いたし
ます。皆様のご参加をお待ちしております。

参加の申込方法は、パンフレット上にも記載されていますが
メールによる申込方法は、私(笹島)のメールアドレス
sasajima-h@kfd.biglobe.ne.jp または私の携帯080-1884-6499 で
お願いいたします。

ご案内は同時に、自然ふれあい交流館にもパンフレットを掲示して
おります。この記念行事の計画には実行委員会を立ち上げ、森の
お仲間である、松原寛直さん、池端耕治さん、早坂泰夫さんに
メンバーとしてご協力を頂いております。

ブログ10周年記念行事のパンフレット
画像

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


お見舞い申し上げます

2018/09/08 14:38
このたびの北海道胆振東部地震により被災された方々に謹んでお見
舞い申しあげます。北海道においては未曾有の地震に見舞われ被害
は広範囲に及びました。

我が家の地域でも震度5強と体感をした事の無い強い揺れに襲われ
ました。地震と同時に停電に見舞われ、結局我が家に通電された
のは8日の昼の1時頃で34時間電気の無い生活を送りました。

通電後パソコンを開くと大量のメールの受信が有りました。全国
からのお仲間(ブログ読者)からのブログへのお見舞いのコメント
やメールでのお見舞いメッセージでした。

報道による地震情報を心配されて送って頂いたのです。皆様に支え
られている事を実感した次第でした。この場をお借りしてお礼を
申し上げます。本当にありがとうございました。

これからも森の情報をお伝えして参ります。今日の午後から森の
入り口の様子を見てきました。台風の傷跡はそのまま残っており
遊歩道の整備は手付かずの状態でした。

大沢コースを入り口から100m進むと分岐点になっています。
そこから大沢コース方向を撮影しました。倒木で道は塞がれて
いて先へは進めません。
画像


エゾユズリハコース方向も倒木で先へは進めません。
画像

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

森の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる