「森の講座」は助かります

今日の朝、大沢口で森のお仲間で森の清掃ボランティアをされている
方と偶然会いました。(本当に頭の下がる思いです)
その方は大沢コースへ、私はエゾユズリハコースへ。その分かれ道まで
ご一緒させていただきました。その道すがら、
私が「今日は少し森の中は暗いですね」。するとその方は「森は暗い
方が小鳥の賑わいがあるんですよ。明るいと狙われやすいから
警戒するのでしょうね」

私は全く考えもしなかった事でした。、確かに、今日は森が静かだな~、
と言う時は晴れている場合が多い気がしましたね。
朝から貴重な「森の講座」を聞かせてもらいました。勉強になります。
そして私はエゾユズリハコースへ入りました。すると何時になく
鳥の鳴き声で賑わっていました。「森の講座」どおりです。
その場所では見たことの無いルリビタキも近くまで来てくれました。

明日は、森とブログはお休みです。


ルリビタキ。11月2日のブログで「オスの若鳥」と決め付けていましたが
成鳥のメスと何が違うのだろう、と不安になっています。「決め付け」を
撤回いたします。どっちなのでしょうか。
画像


画像


画像


11月2日のアップ写真。「オスの若鳥」と決め付けていました。
画像


ナニワズ。来年の春の準備なのでしょう。もう新芽を付けていました。
道理でこの森で一番早く咲く花ですからね。kumeさん情報をありがとうございました。
画像


マイズルソウ。きれいな赤色をしていたので、思わず撮ってしまいました。
画像


アケボノシュスラン。頑張ったんですが、咲く力はここまでのようです。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック