記念塔連絡線にて

志文別線を南下しようか、昨日行けなかったふれあいばし方面にしようか
コース選定に迷っていました。

行きたかったのは志文別線だったのですが、長靴で歩けるのか、最初からかんじき
が必要なのか、道の状況が判りません。

往復7kmを最初からかんじきでは厳しいと思い、悩んだ末楽なふれあいばし方面を
選択したのです。

昨日はふれあいコースに入ったところで、鳥の賑わいがあったのに今日は肩透かしを
食わされました。そこで急遽ふれあいコースは止めて記念塔連絡線を歩くことに
しました。

しばらく歩くと文京台小学校が見えてきます。するとそこにベニマシコも居ます、
ホオジロもカシラダカもいました。賑わいはここに移動していたのです。
そして埋蔵文化センターの近くの階段を降りていくとふれあいばしです。

ここはシマエナガやメジロが良く来る場所です。メジロはまだ到着していなかった
ようです。

橋を渡ったところで、ふれあいコースから来たと言う森のお仲間に会いました。
そのお仲間はベニマシコに遭いたいと思ってふれあいコースを回ってきたようですが
鳥の賑わいには遭えなかったようです。

私は今撮ってきたベニマシコの映像を見せて、「じゃ、そこに案内しましょう」
と言ってお仲間と今来た道を戻ることにしました。

そして文京台小学校の見えるところまできました、がベニマシコどころか鳥の姿は
まったくありませんでした。諦めてその現場を離れました。

もう少しでふれあいコースとの分岐点と言うところまで来たとき、ホオジロや
カシラダカで賑わっていました。ベニマシコは確認できませんでした。

今日判ったことは、群れになって草地の中をあっちこっち移動していたのです。
直線で700mは飛び回っていたことになります。

ふれあい交流館が見えるところまで戻って来たときに「ホーホケキョ」やはり
春を知らせてくれるのはこの鳥ですね。

ベニマシコ。少し近づいてくれました。
画像


キジバト。他の鳥を観察していたら、いきなりつがいで飛んできました。
画像


ホオジロ。
画像


画像


カシラダカ。2羽しか居なかったのに、鳴き声だけを聞くと群れでいると勘違いするほど
うるさい鳴き声です。
画像


エゾリス。ふれあいばしでお仲間が見つけましたが、遠くへ走り去ってしまいました。
階段を登ったところで、「先回りして待ち伏せしていましたよ」と言っているようでした。
画像


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック