気になる性格です

3日ぶりの森です。暗い曇り空で今にも霧雨が落ちてきそうです。
快晴とは気分は正反対ですが、森に入ることにしました。
草地の雪解けの状況も知りたかったのです。

駐車場に着いてカメラを用意していた時、かんじきが無いのに気が付きました。
かんじきは使用した後は濡れているので、車から出して外で干していました。
その、干したままになっていたのです。

これでは歩けないと思って家に取りに戻ろうとしたとき、近くに居た森のお仲間が、
「長靴で歩けなくなったら、そこから戻ってきます」その話を聞いて、「それもそう
だな」と思いなおして長靴で行けるところまで行くことにしました。

そして、いつもは「ふれあい交流館の裏手から記念塔連絡線を歩き始めました」
と、書き始めます。13日のブログでも、「記念塔連絡線を左に折れてふれあい
コースに入りました」と、書いています。

つまり、ふれあい交流館の裏手から始まるコースは、記念塔連絡線と思っていました。
しかし、2011年7月発行の「野幌森林公園遊歩道マップ」では、ふれあい交流館
から始まるコースはふれあいコースになっていたのです。

以前の「野幌森林公園遊歩道マップ」を電子化したファイルがあったのでそれと
比較してみました。以前はやはり、ふれあい交流館の裏手から始まるコースは、
記念塔連絡線でした。細かい事をいちいち気にする性格の私でした。

一応、後日ふれあい交流館に確認することとします。しつこい正確でも有るようです。

モズ。草地にもモズは来ていました。
画像


ノビタキ。こちらも到着していました。
画像


カシラダカ。こちらはまだ旅立っていませんでした。
画像


森の中のクロッカスも咲き始めていました。
画像


ふれあいコースと記念塔連絡線の分岐点付近。新しいマップを元に表現すると
私が立っていたのは、「ふれあいコース」です。かんじきは必要なし。
画像


記念塔連絡線の階段からふれあいばしを望む。ふれあいばしからふれあいコースを戻る
沢の中の道はまだまだ雪の中でした。
画像


こちらは以前の森のマップ。ふれあい交流館の裏手からは、「記念塔連絡線」
画像


2011版の森のマップ。ふれあい交流館の裏手からは、「ふれあいース」
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック