森の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑞穂の池へ

<<   作成日時 : 2012/04/21 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の夕方、道の状態を見ようとエゾユズリハコースを2〜300m歩いて
みました。まだ雪が随分残っており長靴で歩くのには、まだまだ厳しい状態
でした。

と、言うことで今日は草地から瑞穂の池を回ってみることにしました。
ふれあいコースから記念塔連絡線を通ってふれあいばしに出ました。
途中モズとベニマシコに遭いましたが、いつになく静かな草地でした。

ここからはコースの様子を、写真を交えてご案内いたします。
ふれあいばしから階段を登って百年記念塔の広場に出ました。
画像


そこから乾いたアスファルトの道を開拓記念館に向かいました。
その開拓記念館の横から、開拓の沢線に入りました。
せきれいばしにも雪はありませんでした。
画像


きびたきばしからの長い登り階段には雪が残っていました。
その階段を登ると瑞穂線に出ます。瑞穂線も雪は解けて土は乾いていました。

画像


瑞穂の池の広場は、すっかり雪は無くなっていました。池は氷が解けて水面が
広がっていました。
画像


池の奥には水鳥たちの夫婦が、休日の朝を楽しんでいるようでした。
私も池の柵に寄り掛かりながら、春風を受けてコーヒーを楽しんでいました。
オシドリ
画像


キンクロハジロ
画像


マガモ
画像


しばらく『時間』を楽しんだあと、記念塔連絡線の急な階段を登りました。
階段にも雪はありません。階段の上もこの通り。
画像


しばらく歩くと道端にルリビタキが。まだ全体が瑠璃色に染まっていません。
オスの若鳥のようです。
画像


右に行くと大沢口へ。左に行くと百年記念塔です。大沢口方面はまだ雪が残って
います。雪を避けてここを左折。また記念塔に向かいました。
画像


記念塔ではさっきは居なかったハクセキレイが出迎えてくれました。
画像


こちらも夫婦でいました。
画像


出発する時には、道の状況が心配で、かんじきを持っていきましたが、ただ
重かっただけで、必要はありませんでした。

ふれあいコースの出口付近で、散策の人たちが、「ブログを見てここ(ふれあい
コース)が歩けることが判って来てみました」

感謝の言葉を頂きました。
さて、今日のは参考になりましたでしょうか。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瑞穂の池へ 森の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる