シマエナガの生態

2年前、森のお仲間とシマエナガの話題をしていました。

私は、「カラ類の鳴き声も聞こえないし、シマエナガにも遭えません
でした」するとそのお仲間は、カラ類の混群から離れたのでしょう
かね。と言う意味の話しをされました。

カップルが誕生する繁殖シーズンに入りました。そろそろカラ類
たちや他のシマエナガとのグループ交際を終わりにして、その
グループから離れて二人だけの生活を始めるのです。

私はそんな生態も知らず、いつまでも「カラ類と混群しているはず」
と2年前は思い込んでいました。考えるまでも無く結婚を控えいつ
までもグループ交際は無いですよね。

この時期は二人だけの縄張りを持ちます。ですから、そこに行くと
遭える場合があります。大沢口に戻って来たとき、二人の森の
お仲間に会いました。

そのお仲間に「これからシマエナガに会いに行って来ます」と
言ってまた歩き始めました。その現場でカップルはちゃんと
縄張りを守っていたのです。

生態を知っているのと、知らないのとでは大違い。

シマエナガ。二人で飛び回っていました。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


フクジュソウ。咲き出していました。
画像


歩き始めたエゾユズリハコース。道の方が高くなってきました。
画像


昨日、庭で作業をしていたら、目の前に止まりました。慌ててカメラを
取って来て撮影。クジャクチョウのようです。「成虫で越冬する」と
有りますが雪の北海道ではどうなのでしょうか。番外編ですが。
画像

この記事へのコメント

sugar
2014年04月02日 20:18
HPはいつも拝見させて頂いております隠れFANです
(^O^)。
クジャクチョウ、私が個人的に大好きな蝶蝶です。
綺麗な写真、ありがとうございます。

最近は野幌へ出かけていませんが、シマエナガに会いに出かけたいと思いますが、週末の天気予報は雪・・・(;_;)。
色々な鳥に出会えて羨ましいです(^O^)。
HPの更新 毎日楽しみにしています。
原始林駆け廻り隊
2014年04月02日 21:09
sugarさん、コメントをありがとう
ございます。クジャクチョウで
間違いなかったでしようか。

私は、この森で一番可愛い鳥はシマエナガ
と思っていますがsugarさんもやはり・・
シマエナガに会いにこの森に来てください。
mtsuji4129
2014年04月03日 11:24
今季は5回延12日間野幌に行ったことになります。毎回いろいろご案内いただき本当にありがとうございました。
4/1~2では次女を連れて行きましたが、まさかのナキイスカが撮れ天気も晴で大満足の最終回でした。結局クマゲラには一度も遭遇できませんでしたが、これはまた野幌に行けるということなので却って良かったんだな!と思っています。
今回は雪がシャーベット状で軽アイゼンが全く役に立たずでしたので、お聞きしたかんじき「雪っこちゃn」を2セット買い、2日目は楽に散策できました。また次冬季に利用させていただきます。次にお会いできるのを楽しみに!(^з^) ~♪
原始林駆け廻り隊
2014年04月03日 12:31
ナキイスカ、良かったですね。
野幌のクマゲラも出し惜しみ
しているのは、「また来てね」
と言う意味なのでしょうね。
またのお越しをお待ちして
おります。

この記事へのトラックバック