森への復帰はいつになるのでしょう

昨日、早苗別川の堤防の道にクマのフンらしき物を発見して江別市
に情報提供しましたが、今朝江別市より連絡が入りクマのふんでは
無かった事が判明しました。

ただ、ホッとしている場合では無く江別市のホームページや新聞の
情報では昨日の18時30分に北海道情報大学のグランドで目撃
されています。大沢園地まで2~3kmの距離まで迫っています。

「自分の命を守る行動」という事で今日も森に入る事はしません
でした。今日は野幌川の堤防を歩きました。話は横道に逸れて
しまいますが、居間の今月のカレンダーの写真はオオハナウドの
白い花の上にベニマシコが止まっています。

こんな場面は無いだろうか、と堤防を歩いていたら、オオハナウド
が一面に広がっていました。しかもそこからノビタキの鳴き声が
聞こえていました。白い花の上を捜しました。

ちょっと場面は違っていましたが、ノビタキとオオハナウドを撮る
事ができました。クマ騒動で森の情報はお伝え出来ませんが、森の
周辺の堤防は賑わっていました。

クマゲラ情報ならとも角、クマ情報ではシャレになりませんね。
早く元の山奥に帰って穏やかな生活をしませんか。私もいつまでも
堤防を歩く事にもなりませんからね。

江別市役所情報 14日9時15分大沢の池付近で目撃情報。

ノビタキとオオハナウド。カレンダーは毎年東京在住の森のお仲間
から頂いています。そのお仲間が勤めていた医療機器メーカの
カレンダーでお仲間が写真提供をしています。
画像


画像


画像


待っているとオオハナウドの上に乗ってくれましたが、すでに花は
終って種の状態でした。これではね~。
画像


画像


別の場面では。
画像


コヨシキリ。こちらは親で
画像


こちらは幼鳥。
画像


その中にオオジュリンも。
画像

0