月寒川

6月23日 今日も雨でブログは休みました。

6月22日 雨で行くところも無くブログは休みました。

昨日、石狩のハマナスの丘公園から札幌を通って、わが町の江別市
に向う途中に、月寒川を渡りました。普段は川の名前を気にする事
は有りませんが、最近は気になるのです。

その川を渡り暫らく走ると厚別川があり、それから間も無く野鳥で
賑わっている野津幌川あるというそんな位置づけです。その月寒川
を渡ったとき「明日はこの川を調査しようか」となったのです。

月寒川は住宅地の真ん中を流れる川で、野津幌川と同じ環境とは
思えませんでしたが、まぁ調査と言う事で今朝出掛ける事にしま
した。堤防に入るところで車を止めて、堤防を歩き始めました。

歩き始めて直ぐのところで、前述の川とは全く違う景色が見えて
きました。穏やかな流れの場所が有ったり、急流で水が泡立って
いたりまるで自然の川のようでした。

穏やかな流れのところにはマガモがゆっくり休んでいたり、急流
の流れの石の上にはオオセグロカモメやアオサギが羽を休めて
いました。

草原の鳥が棲み易い川の環境と、水鳥が棲み易い川の環境の違い
が今日の調査で目の当たりにする事に。町に近い環境という事も
あるでしょうが、草原の鳥の姿はありませんでした。

アオサギ。まるで谷を下る急流のような光景です。
画像


画像


オオセグロカモメ。最初は1羽が目に入ってきました。
画像


カメラを引くとこんな感じの川です。
画像


画像


するともう1羽が飛んで来て並びました。
画像


ちょっかいを掛けてきたので嫌がって抵抗していました。
左が雌で右が雄と思われます。
画像


おだやかな流れのところには何羽もマガモの姿も。
画像


月寒川の帰りに草原を覗くとノビタキの幼鳥が飛び回っていました。
画像


画像

0