騒動を起こしたのは私

7月3日 ブログの管理サーバーがメンテナンス後不安定なので
昨日と今日のブログは休みました。表示画面も以前と変わって
見づらくなっていると思います。申し訳ありません。


中央線を歩き始めて直ぐのところで、連続して鳴く鳥の鳴き声です。
直ぐ近くの木の上から聞こえてきますが姿は見えません。6月28
日にクマゲラの雌を見た場所でした。

以前にクマゲラの幼鳥の鳴き声は「クォンクォン」と連続して鳴く
と紹介していましたが、鳴き声に違和感は有りましたが、その場所
でクマゲラの成鳥を見ていたので、クマゲラの幼鳥の鳴き声と思い
込んでしまいました。

一緒に探してもらおうと森のお仲間に電話をして来てもらったり
森の調査に入るという森のお仲間もやって来て、総勢7~8名で
鳴き声の主を探しても見つかりません。

最初から40分以上経過した頃1人が「その穴の中から聞こえて
いる」と道端の木を指差しました。アカゲラと思われる巣穴でした。
鳴き声の主は巣立ち前のアカゲラの幼鳥でした。

「何だ~」と言う事で私も含めてそれぞれその場から離れて行きま
した。暫らくして別の場所で調査に入ったというお仲間の3人組に
会いました。

私は「クマゲラの幼鳥の泣き声はクォンクォンですからね。違って
ましたよね」と騒動を起こしてしまった言い訳をしていました。

明日は15時まで当ブログのウェブリブログのサーバーの大規模
メンテナンスがありブログの閲覧は出来ますがブログのアップは
出来ません。ブログのアップ作業は15時以降になります。

クマゲラの幼鳥は木の上の方で身動きせず鳴き続けます。親を
呼んでいるのでしょう。そのイメージからの勘違いでした。
鳴き声を冷静に聞き分けていたらこんな騒動に成らなかったのに。
2011年7月15日のクマゲラの幼鳥。
画像


画像