ノビタキ到着

「ノビタキはこの秋草地に飛来してくれるのだろうか」そんな私の
心配を払拭させてくれました。ノビタキを確認出来るまでは、草地
から回り始めよう、と決めていました。

ふれあいコースに入る入り口にゲートが有ります。そのゲートを
通過しようとした時です。私の目の前を左から右に低空で横切った
鳥がいました。そして右手の奥に止まりました。

レンズから覗くと紛れも無くノビタキです。クマゲラと出遭った時
とは違う安堵の気持になっていました。私は常々「秋は8月中旬
にはこの森にやってきます」

今年もそれをしっかり守ってくれました。証拠写真が撮れたので
「他の場所ではどうだそう」と草地を一回りする事にしました。
すると別の場所でも観察出来たのです。

でも観察出来たのは、最初の場所でも次の場所でもそれぞれ1個体
のみでした。先兵隊なのでしょうか。春の4月中旬に渡ってきます
が、過去4年間を調べると先兵隊は全部雄でした。秋はどうなって
いるのか、調べて見ますか。

ノビタキ。最初の場所で。
20190818ノビタキ1[1].jpg

20190818ノビタキ5[1].jpg

次の場所で。
20190818ノビタキ2[1].jpg

20190818ノビタキ3[1].jpg

2018年8月23日。森の周辺のノビタキの雄。冬羽に随分移行
しています。秋は雄・雌の判断が難しくなります。
20180823ノビタキ02[1].jpg
0

この記事へのコメント