森の北側周辺にて

8月13日 すいません。夏休みを1日延長してしまいました。
明日から森に入ります。


8月8日 雨で森は休みました。明日から12日まで夏休みです。

「小さなエリアを1組の親子が守っていた場所です。しかし、そこ
に居たのはコヨシキリとカワラヒワだけ。親子の姿はありませんで
した。繁殖地を離れ別の場所に移動をしたのでしょうか。

直ぐ隣の繁殖地を訪ねると、そこにはノビタキの姿がありました」
この文章は去年の8月12日のものでノビタキの様子です。
そして今日、草地を一回りしてからその「小さいエリア」を訪ねま
した。

去年と同じくつい最近までいたノビタキの親子の姿は有りませんで
した。何処かに移動していたのです。隣接する繁殖場所にはまだ
親子の姿があったり、すでに姿が無くなっていたりとまちまちです。

幼鳥も自由に飛べるようになって、繁殖場所にこだわる必要が無く
なったのでしょう。繁殖地全体での居場所の再編成が始まっている
ようです。この繁殖地にこだわらないという個体の1部が森の
草地にやってくると考えています。

そのノビタキの繁殖地には、ノゴマやホオアカも繁殖しています。
しかし、この森の草地にノビタキやノゴマは姿を見せますが、ホオ
アカはやって来ません。この差は何なのでしょうか。

昨日のブログで去年は8月12日にノビタキを観察していると書き
ましたが、8月22日の誤りでした。

別々の繁殖場所のノビタキの幼鳥たち。
20190807ノビタキak3[1].jpg

20190807ノビタキak4[1].jpg

20190807ノビタキak7[1].jpg

父親の姿も。早く森に誘導してください。
20190807ノビタキak5[1].jpg

20190807ノビタキak6[1].jpg


0