瑞穂連絡線にて

先日に行けなかったふれあいコースの沢に向いました。マミチャジ
ナイとシロハラが過去にヤマブドウを食べていた場所です。現場
にはブドウの葉は有りましたが、実は着いていませんでした。

実が無ければ鳥は来ません。諦めて記念塔の広場のツリバナの場所
でメジロを待つことに。間も無くメジロがやってきました。森の
お仲間もやってきました。

メジロが飛び去ってから「マミチャジナイを見に行ってきます」と
言って瑞穂連絡線に入りました。昨日も一昨日も歩いていません
ので、もう少し歩こうと思ったのです。

「風格のあるイチイの木」まで行って今来た道を戻りました。
するとクマゲラの呼び鳴きが聞こえてきました。鳴き声が大きいの
で道からそんなにも遠くではありません。

すると今度は同じ方向のもっと奥から小さなクマゲラの呼び鳴き
です。また近くからの呼び鳴き、するとまた奥からの呼び鳴き。
手前と奥との呼び鳴きの掛け合いが始まりました。

間違いなく2羽です。2羽という事は夫婦でしょう。掛け合いを
聞きながら無事に居た事に安堵しながら、記念塔広場に向かいま
した。

メジロ。
20191006メジロ01[1].jpg

20191006メジロ02[1].jpg

20191006メジロ03[1].jpg

20191006メジロ07[1].jpg

2羽並んでいると思ったら。
20191006メジロ12[1].jpg

相方へ毛づくろいをしてあげていました。
20191006メジロ14[1].jpg

20191006メジロ13[1].jpg

「風格のイチイの木」から戻ってまて広場を覗くとこんどは
この鳥がいました。私の頭の中の図鑑には載っていません
でした。
20191006メジロ16[1].jpg

20191006メジロ19[1].jpg

ノビタキ。まだ滞在していましたが中旬まではもう少し。
南へ向うカウントダウンは始まっています。
20191006ノビタキ1[1].jpg