草地のベンチにて

本州のノビタキは高原で繁殖しますが、その高原とは標高1200m
から1300mといいますから、相当の高さです。昔、雨竜沼湿原まで
登った事が有りました。

そこは標高850mですから、近い将来か遠い将来か判りませんが
そこに行かないとノビタキを見られないなんて事にならないだろうか
そんな事を漠然と考えながら草地を歩いていました。

一回りして分岐点のベンチで一休みします。リュックを外し水分補給
をします。リュックを外すと背中に風が通りひんやりとして気持ちが
良いです。気持ちが良いのでリュックをベンチに置いたまま近くを
回りました。

リュックをベンチに置いたままにする訳ですから、置き引きに遭わ
ないとも限りません。しかし、リュックの中はタオルや袋で金目の
物は有りません。水筒が一番高価かもしれません。

しかし、見られては恥ずかしい物も入っています。メモ帳です。
森を歩いていて気が付いた事はメモするようにしています。森の
景色を言葉で描写し忘れないように直ぐにメモする事も有ります。

まぁ、そのメモを見ながら時折ブログに載せる訳ですから、本人も
恥ずかしいと思っている事でしょう。

明日は、森は休みます。

ノビタキ。ササの原っぱにて。
20200905ノビタキ05[1].jpg

20200905ノビタキ07[1].jpg

20200905ノビタキ09[1].jpg

20200905ノビタキ01[1].jpg

20200905ノビタキ04[1].jpg

キタキツネ。我が家の駐車場から道に出ようと右を見たら
この光景。我が家は直線で森から300mしか離れていませんから
キツネを責められません。
20200905キタキツネ1[1].jpg

最後はのんびりとくつろいでいます。
20200905キタキツネ2[1].jpg