マヒワは後ひと月居ます

今日もふれあいコースから入りました。行き交う森のお仲間に「ノビタキは
いましたか」と聞いても返事は「いませんね」です。それでは7日に観察
したのは一瞬だけ立ち寄ったという事になります。

今年も素通りの可能性が出て来ましたかね。ふれあいばしを渡ると森の
お仲間ご夫婦が道の前方を見ていました。マヒワのつがいが地面に落ちた
種子を食べているようです。

昨日のベニヒワが集団で居たのとは様子が違います。ベニヒワは4月中旬
には北へ帰るのに対してマヒワは5月中旬までこの地に居て北へ帰ります。
一部北海道の北部で繁殖する個体もいるそうです。

ベニヒワは北へ帰った後に繁殖期を迎えつがいを構成するのに対してマヒワ
は北へ帰るのが遅いのでこの地でつがいを構成するのではないかと思う
ような場面を見ています。今日のつがいでの食事もそんな場面では無いで
しようか。

モズ。モズもこの時期は地面の虫を狙います。地面で虫を捕ってまた枝
で地面を物色。それを繰り返していました。
20210411モズ1[1].jpg

まだ地面を物色。
20210411モズ3[1].jpg

20210411モズ4[1].jpg

ジィ~~と地面を見ています。
20210411モズ6[1].jpg

マヒワ。4月13日。この頃からペアを構成するようです。愛情の表現。
20150413マヒワ06[1].jpg

20150413マヒワ08[1].jpg

若葉が成長する頃までこの地に居ます。5月17日。
20130517マヒワ6[1].jpg